1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. すぐ始める 本気のスキルUP
  4. 1カ月後、自分の変化に気付く「未来計画ワークシート」
すぐ始める 本気のスキルUP

すぐ始める 本気のスキルUP

1カ月後、自分の変化に気付く「未来計画ワークシート」

GWの休み中に、トライしてみては?

「夢がかなう」「自信がつく」「理想の自分に近づく」――そんなミラクルを呼ぶ「未来計画ワーク」に、トライを! 1カ月後の自分の変化、ぜひ感じてみて。今回は後編をお届けします。

 未来計画ワークには、まずPreWorkと、2つのステップが必要。最後に、「1カ月未来計画ワークシート」を用意したので、ぜひトライしてみよう。Step1・2を1カ月やり終えると、小さな成功体験を積み重ねられ、モチベーションがさらにUP。また、ワークが習慣化して、年内にはもっと理想の自分に近づけること間違いなし!

自分が変化するワークを今から始めませんか(写真はイメージ)
自分が変化するワークを今から始めませんか(写真はイメージ)
◆PreWork 自分の価値観をじっくりと探る ⇒ (未来計画ワーク 未来の私のためのセルフコーチング術)
◆Step 1 なりたい自分像に向けた目標を立てる ⇒(未来計画ワーク 未来の私のためのセルフコーチング術)
◆Step 2 アクションプランを練って行動計画に落とし込む ⇒ この記事
◆Worksheet 理想の自分になる! 1カ月未来計画ワークシート ⇒ この記事

Step 2 アクションプランを練って行動計画に落とし込む

→確実にできそうな行動計画を立てる
→1週間後のフィードバックで実行力が身に付く

1. 「ギャップの要因」(Step 1)を踏まえてアクションプランを立てる

Step 1の4で書き出した、理想と現実とのギャップとその要因をもとに、実際に何をすればよいか、アクションプランを考える。今すぐ行動に移せるものが◎。

<答えを導くヒント>
・小さなアクションを具体的に細かく書く
・「今すぐ」「着実に」できることに限定

2. 1のプランを手帳に書き込み1週間のスケジュールに落とす

おすすめはバーチカル手帳。具体的なアクションプランを1週間のスケジュールのなかに入れ込む。「近日中に着手するための宣言になります」。

<答えを導くヒント>
・手帳の今週1週間のなかで
「着実にやる」宣言を!
・1カ月先まで予定を立ててもいい

3. 「週末チェックリスト」に書き込んでフィードバックする

アクションプランを立てたら、週末などに、1週間分の振り返りを。アクションプランに対してどこまでできたか、どんなところが良くて、なぜできなかったかをチェック。

【フィードバックの項目】
◎アクションプランの1つ1つに対してできた/できないをチェック
→できた場合→どんなことが良かったか
→できない場合→なぜできなかったか

4. フィードバックの内容を点数化し、自己評価につなげる

上の3を基に、自分の達成レベルを100点満点で点数化する。この点数を基に、次週のアクションプランを考える。

30点以下の場合…目標設定のハードルが高すぎ!
実現可能なアクションプランを練り直して、もう一度トライ!

70点以上の場合…よくできました!
フィードバックの内容をよく振り返り、次のアクションプランを練って実行!

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります