レジリエンスで重要なのは「底打ち」と「立ち直り」

 誰しも逆境に直面したときは気持ちが落ち込み、意欲や充実感が低下するもの。落ち込んでいく気持ちをストップさせる「底打ち」を早めにすることと、そこから気持ちを元の状態に回復させる「立ち直り」がスムーズに進むことが、レジリエンスの重要な要素だ。

気持ちが底打った後にいかにスムーズに立ち直るかが大事
気持ちが底打った後にいかにスムーズに立ち直るかが大事

早く「底打ち」するための4つの行動

 ネガティブ感情を早く「底打ち」するには、ストレスを次の日に持ち越さないこと。そのためには上手に気分転換し、しっかり睡眠を取る。「運動や音楽、ヨガ、日記を書くといった気晴らしには、実験などで効果が確かめられている。自分に合うものを見つけて」。

【運動】
エクササイズ、ダンス、スポーツ など
【音楽】
音楽鑑賞、楽器の演奏、カラオケ など
【呼吸】
ヨガ、速足の散歩、瞑想 など
【筆記】
日記、手紙、手帳 など

+その日のうちに行動する
+なるべくよく眠る

レジリエンスを高めるために心がけたい4つの習慣

 レジリエンスを高めるには、日々、ポジティブな感情を蓄積することが大切。自分がいかに幸せかを意識的に考えるクセをつけよう。

 同時に、いざというときに心のうちを吐露できる環境づくりも必要。そうした習慣が、逆境からの立ち直りを早くしてくれる。

1.話を聞いてくれる友人を持つ

 ひとりでネガティブな感情を抱え込まないためには、誰かに共感してもらうことが力になる。ニュートラルな立場で話を聞いてもらえる友人を、意識的につくっておきたい。目標は5人!

2.感謝する気持ちを持つ

 自分のなかにポジティブな感情を蓄積するには、感謝の気持ちを持つのが一番。人からしてもらったことはもちろん、平穏に暮らせていることや人との出会いなど、小さな幸せに目を向けて。

3.先のことを考えすぎない

 先のことを考えすぎると、してもいない失敗や未来に対する不安が膨らむもの。まずは、今に集中! どうしても不安が払拭できないときは、「心配は少し後に」と一呼吸置くといい。

4.人に頼ることを恐れない

 負担をかけるのは申し訳ない、と人に頼れない人は改めてみよう。「相手は自分が必要とされることで自己肯定感が高まり、お互いポジティブな気持ちになれます。怖がらずに頼ってみて」。

久世浩司
ポジティブサイコロジースクール代表
久世浩司 慶応義塾大学卒業後、P&Gに入社。在職中にポジティブ心理学を学び、退職後はレジリエンスを活用した企業人材育成を行う。著書に『世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!「レジリエンス」の鍛え方』(実業之日本社)ほか。

取材・文/武田京子

日経WOMAN2018年12月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります