1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. すぐ始める 本気のスキルUP
  4. 「ミスだらけの秘書時代」から抜けた人が続けている習慣
すぐ始める 本気のスキルUP

すぐ始める 本気のスキルUP

「ミスだらけの秘書時代」から抜けた人が続けている習慣

「ダメな私」から脱却してステップアップ

周囲の信頼を失う、ケアレスミスを連発、顧客を逃す……。仕事に付きものの失敗も、自分次第で成長のチャンスに。失敗を自分の糧にした女性から、乗り越えるための極意を学びましょう。今回は、ミスだらけの自分を克服し新しい職場ですぐに即戦力となった女性を紹介します。

秘書時代のミスだらけの自分を克服

 TBCの役員秘書を経て、一昨年から同社の広報を務める名越(なごや)華子さん。秘書時代は「上司の指示をきちんと確認せず早合点したり、時間や場所を聞き間違えたりと、うっかりミスばかりでした」と振り返る。

ミスゼロの鍵は「質問力」です
ミスゼロの鍵は「質問力」です
名越華子さん(36歳)
TBCグループ マーケティングPR戦略部

仕事内容→広報
社会人歴→14年目

 ミスの多くはコミュニケーション不足による行き違い。そこで、上司に言われたことは正確にメモを取りながら、口に出して反復するように分からない点は、「こういう意味ですか?」と自分の言葉に置き換えて質問することで、勘違いを防いだ。

 そして名越さんは広報職へ異動。分からないことをその場で確認するクセがつき、異動後もすぐ活躍できたという。「重要なのは、曖昧なまま進めず、その場で確認すること。指示を正しく把握するための『質問力』を高めたことが、新しい業務でも役立っています」

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります