中川さんの朝スケジュール

4:30…起床
4:40…梅干し入りの白湯を飲んで体を温める

梅干しや昆布を入れた白湯を飲み、胃腸などの内臓を温めて働きを良くする。

5:00…洗面と顔のオイルマッサージをし、着替える
5:30…音楽を聴きながら、メイクをして髪を巻きテンションを上げる

 Amazonプライムで「朝に聞きたい洋楽」を選び、アップテンポの曲でテンションを上げながらメイクをして髪を巻く。「巻き髪がきれいに決まると、気分が上がります」

6:00…電車内でスマホで新聞をチェックしたり、朝活友達とおしゃべりしたりしながら通勤

 混雑せず快適な通勤電車内では、スマートフォンで新聞をチェックし、経済情報などのインプットの時間に。朝活をしている友人と会えた日は、おしゃべりをして過ごすと目が覚める。

6:30…会社の近くのカフェでモーニングを食べる
7:00カフェで1冊20分の速読を開始

 380円のモーニングセットを食べた後、「レゾナンスリーディング」で、メモを取りながら1冊20分で速読。集中しすぎて遅刻しないように、時計を見える所に置いている。

7:20スケジュールやTO DOをチェック

 その日のスケジュールを確認後、前日を振り返り、項目ごとに○×で自己評価。

8:00…出社。メールのチェックや資料の準備
8:40…始業

18:30…退社

23:30…就寝

気持ち良く目覚めるヒケツ

就寝前にサプリを飲み、保湿リップでテンションアップ(写真左)
疲れた日は就寝前にローヤルゼリー入りのサプリを飲み、目覚めを良くする。また、はちみつ入りの保湿リップを塗ることも毎晩の日課に。朝、唇が潤っていると気持ちがいいという。

朝焼けを見るなどの楽しみを見つける(写真右)
通勤電車から見られる朝焼けがとても美しく、これを眺めるのが楽しくて、朝早く起きようと思うモチベーションにつながっている。「楽しみを見つけることが習慣化につながります」

取材・文/高島三幸 写真/太田未来子

日経WOMAN2018年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります