寺田さんの「人付き合いのルール」7つ

1. 「教えてください」という基本姿勢

先輩談 「『気になることがあったらどんどん言ってください』『これからもたくさん教えてください』と寺田さん。助けてあげたくもなります」

本人談 「部下であっても年上の方には敬語で話します。当たり前のことかもしれませんが、当たり前のことこそ、丁寧に守りたいからです」

2. 苦言はフォロー&感謝とセットで

先輩談 「『私の認識不足ですみません』などフォローから入り『いつもありがとうございます』と感謝で終わる苦言。仕事で応えなきゃと思える」

3. 大きなリアクション

部下談 「寺田さんは大阪出身だからか、とにかくリアクションが大きい。『聞いてくれている感』がうれしくて、ついたくさん話してしまいます」

本人談 「リアクションは意図していませんが、話しかけられたら手を止め、相手の目を見ながら“とにかく聞く”という姿勢は大切にしています」

4. 非は認めてすぐ謝る

部下談 「注意を受けた際、『今のは私の言い方が悪かった! ごめんなさい』と謝られたことがあり、とても誠実で信頼できる人だなと思いました」

本人談 「心に余裕がないとつい感情的になってしまうことがあって……。改めたい部分です。自分が悪いと気づいたら、すぐにその場で謝ります」

5. 表情で察して小まめに声掛け

部下談 「『困ってない?』と寺田さんが声を掛けてくれるときは、『なぜ分かるんだろう?』と毎回ビンゴ。時間をつくって相談に乗ってくれます」

本人談 「先輩にしてもらってありがたかったのが『困ってない?』の声掛け。表情を見て困っている、元気がないときはすぐ話しかけます」

社内のデスクは4人が向き合うように配置されている。「仕事をしながら部下の表情が見えて助かります」(寺田さん)
社内のデスクは4人が向き合うように配置されている。「仕事をしながら部下の表情が見えて助かります」(寺田さん)

6. 仕事に関する情報も状況も、分かりやすく共有する

先輩談 「『今、誰が何の仕事をしてどんな状況か』を、彼女の方針でチーム全員が共有するように。人の仕事が分かることで助け合いも可能に」

本人談 「パソコンから入力できるタスク管理ツールでチーム全員の状況を把握。個々の状況に合わせて偏りなく仕事を振るようにしています」

7. 「好み」を覚えて差し入れる

先輩談 「人の趣味や好きな食べ物の記憶力がすごい! 出張先やプライベートでも、私たちが喜びそうなものを見つけて買ってきてくれます」

鉄道好きには駅名フリスクの お土産を差し入れ
鉄道好きには駅名フリスクの お土産を差し入れ

取材・文/宇佐見明日香 写真/小野さやか

日経WOMAN2018年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります