1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. すぐ始める 本気のスキルUP
  4. 忙しいのに時間がある人の秘密は「時間のかけどころ」
  5. 2ページ目
すぐ始める 本気のスキルUP

すぐ始める 本気のスキルUP

忙しいのに時間がある人の秘密は「時間のかけどころ」

スキルアップに時間を投資する山田かおりさんの場合

山田さんが時間をかけること・平日編

【平日のスケジュール】

7:00…起床・朝食
7:45…通勤 時間をかけること(1)
9:00〜11:45…客先で打ち合わせ
12:00…ランチ
13:00…資料作成 時間をかけないこと(1)
15:00~16:00…社内で打ち合わせ 時間をかけないこと(2)(3)
16:30…企画会議
17:30…部署ミーティング
18:00…退社・カフェでサニーズバーの打ち合わせ
21:00…自宅へ 時間をかけること(2)
22:00…帰宅
1:00…就寝

時間をかけること

(1)通勤時・スマホを見るたび今年のミッションを確認

 「今年のやりたいこと」をリスト化してスマホの待ち受けに設定。「いつでも目に入るようにすることでモチベーションが高まり、1歩踏み出そうと思えます」

(2)帰宅時・移動時間は読書

まちづくり大学の講座で使用
まちづくり大学の講座で使用

 約1時間の通勤時間は読書に充てる。「講座では毎回課題図書を読んでレポートを書く宿題があったので、通勤時もフル活用しました」

時間をかけないこと

(1)資料作成・15分単位でやるべきことを決める
 「この書類を15分で作る」など、15分単位で作業を進める。「机に15分の砂時計を置き、区切りをつけて取り組むことで、ダラダラと作業をしなくなります」

(2)打ち合わせ・時間は前倒しでスケジューリング
 イベントの活動日と重ならないよう、打ち合わせは前倒しで設定。「取引先への訪問も早めに日程を決めて、余裕を持って準備できるようにします」

(3)打ち合わせの合間・メッセンジャーでイベントの連絡
 サニーズバーのメンバーとの連絡はメッセンジャーがメイン。「仕事のすきま時間を使って、次の開催に向けて必要な情報をやり取り。夜まで引っ張らず、その場で返信します」

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります