入井さんが時間をかけること・休日編

【休日のスケジュール】

6:30…起床
7:30…朝食
8:00…家を出る
9:00…チアリーディングの指導 時間をかけること(1)(2)
18:00…自由時間 時間をかけること(3)時間をかけないこと(1)
2:00…就寝

時間をかけること

(1)子供たちへの指導が大きなやりがいに

 ボランティア同然で教えるチアはライフワーク。「大会で子供たちが練習の成果を出せたときの達成感は最高! 他では決して味わえません」

(2)美術展や舞台を見て感性を豊かに

 日曜日は心を豊かにするために時間を使うように。「ワクワクや感動を味わうと、新しいことに挑戦する意欲が自然に湧いてきます」

(3)飲み会、ネイル、買い物…好きなことをしてリフレッシュ

 友人と飲む、ネイルやマッサージ、買い物に行くなど自由時間に。「楽しみを削らないことで、ストレスを抱えず、平日の仕事にもいい影響が」

時間をかけないこと

(1)テレビはほとんど見ない
テレビをダラダラ見ないのが習慣。「テレビの音がないと静かで、心もゆったり落ち着きます」。特に休日はテレビをつけず、外で遊ぶ時間に!

入井さんの時間を生み出す3つのルール

1. やりたいことは手帳に書いて予定をブロック
行きたいイベントやセミナーは、先に手帳に書いて予定を押さえ、仕事やチアの予定をコントロール。「楽しい予定が増えると、目の前の仕事も頑張れます」。

2. すきま時間や寝る前にSNSをダラダラ見ない
時間を浪費しやすいSNSは、極力控える。「スマホから離れることで、他のことに使える時間が増えました。目や頭、気持ちの疲労も減った気がします」。

3. 「こうすべき」に縛られすぎない
「時間管理で『〜すべき』に縛られると、できなかったときに焦り、バタバタに。スケジュール通りいかなくても『ま、いっか』と気楽に考えることで、心に余裕が」

取材・文/大上ミカ 写真/冨田 望 撮影協力/Caffice

日経WOMAN2019年3月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります