【6】部屋の清涼感は「グリーンを多めで演出」

1. 値段も安いナズナは多めに買う

 ライトグリーンで華奢な印象のナズナは、多めに買ってガラス瓶にドサッと入れるだけでもさまになる。値段も安いので財布にも優しい。ダイニングテーブルや棚の上などにおすすめ。

2. 花は1色、グリーン多めに

 清涼感のある部屋にするには、飾るブーケはグリーンを多めにするのが◎。「花は白や黄色など、1色に抑えて。葉物を多くし、ナチュラルな雰囲気に。ダイニングテーブルに置けば、部屋全体の清涼感がアップ」

3. 切り枝も、ガラス瓶に飾ればおしゃれに

 庭やベランダの伸びた木の枝や咲いた花をちょっと切って、花器に入れてもOK。棚の上のアクセントにも。「短く切って、ジャムなどの小さな空き瓶に入れてもかわいいです」

4. 手軽にグリーンを足すならユーカリで

 観葉植物はハードルが高いという人におすすめなのが、ユーカリやドウダンツツジの切り枝。「大きめの花器に入れて床置きに。水をよく吸うので、1日置きに水を入れ替えて。秋冬はドライにして飾っても」

【7】飾る小物類は「季節に合わせて少しだけ」

⇒ガラス系を選ぶと清涼感があってスッキリ

 かわいくてつい買ってしまう小物や雑貨類。全部飾ろうとしがちだが、季節や気分に合わせてテーマを決め、抜粋を。「分量は1つの棚スペースの2~3割が目安。ガラス類など、透明感のあるものを選ぶとスッキリした印象になります」

長谷さん宅の初夏の小物たち

1. ジャムの空き瓶を利用。花を買ったついでに少しだけ切ってここに挿す。
2. 無印良品の「壁に付けられる家具」で飾り棚に。
3. 「山口一郎さんの絵が大好き」。イデーで購入。
4. 季節に合わせて飾る小物を取り換える。飾らない時期は、収納ケースにひとまとめにして保管する。

長谷さん宅の秋冬の小物たち

 「秋はガラス瓶にドライフラワーやクルミなどを入れるだけ。外で拾った松ぼっくりを置くのもあり。冬はクリスマスなど季節感のある置物を。アートで温かみのある色をプラスすると◎」

長谷由美子
整理収納アドバイザー インテリアコーディネーター
長谷由美子 前職は無印良品のインテリアアドバイザーマネジャー。社員教育や、暮らし、整理収納に関するセミナーなどを担当。2017年に仲間と共に「FOR YOUR LIFE」を立ち上げ、個人宅の暮らしや整理収納に関するカウンセリング、作業などを行う。

取材・文/岩井愛佳(日経WOMAN編集部) 写真/水野真澄

日経WOMAN2019年7月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります