儲かりそうな投資ほどリスクも高いと心得る

 リスクとリターンの大きさは比例し、大きなリターンが望めるものほどリスクも大きい。儲(もう)かりそうだからと飛びつかず、中身を知り、どんなときに儲かり、どんな場合に損するかを理解することが重要。始めるときは少額から。

手元資金以上に買える」「値動きが大きい」商品は、大きく損をする恐れも大きい

 以下の金融商品は株価の下落時に値上がりするなど、普通の株式投資とは儲(もう)かり方が異なる。手元資金の10倍を投資したのと同じ成果が得られるものもあるが、リスクも10倍になることを忘れずに。

外貨預金、外貨建債券

難易度★
金利の高い国の通貨に両替して、預金や債券の利子を受け取る。為替次第で差損や差益が出る。新興国の場合は、往復の両替手数料で利子が相殺されるリスクも。

FX

難易度★★
外貨を売買して、為替差益や金利差による利息を狙う。元本以上の取引や、持っていない通貨を先に売る取引が可能。ハイリスクな投資もできる。

ブル型・ベア型の投信

難易度★★
日経平均株価のような指数に連動する投信だが、値動きが指数の2~3倍だったり、逆方向に動いたりする。値動きが大きい分、リスクが大きい。

日経225先物など

難易度★★★
株価指数などの将来の価格を予想して、実際の価格との差で利益や損失が出る。手元資金以上の取引ができるので、利益や損も大きくなりがち。

信用取引(株式)

難易度★★★
手元資金の3倍の取引や、持っていない株を売る(株価下落で儲かる)ことができる。思わぬ損が出ることも。株主優待獲得の裏技として使う人も多い。

仮想通貨

難易度★★★
ビットコインのような仮想通貨を買って値上がり益を狙う。ハッキング事件や関連投資をうたう詐欺事件も。

※難易度は「儲けるために必要な勉強量や投資の覚悟」の程度を、編集部で3段階評価したもの

大槻奈那
マネックス証券執行役員
大槻奈那 スタンダード&プアーズ、UBS証券、メリルリンチ日本証券などの金融機関でリサーチ業務に従事。2016年1月から現職。国内外の金融市場や海外の株式市場を分析する。暗号資産についても調査・研究する。

取材・文/高橋晴美

日経WOMAN2018年12月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります