朝のお勤めに参加して敬虔な気持ちに

 安澤さんが薦める築地本願寺(東京都中央区築地3-15-1)。朝6時から参拝でき、7時からの朝のお勤めは、予約なしで一般の参拝者も参加できる。

 5〜6時には開門するお寺が多い。「一般参拝者も、朝のお勤めに参加させていただけることが多いです。お経や声明(しょうみょう)を聞くと敬虔(けいけん)な気持ちになり、身が引き締まりますよ」

 築地本願寺の朝のお勤めは、「晨朝勤行(じんじょうごんぎょう)」と呼ばれ、一般に公開。毎朝7時から45分程度行われている。

朝の時間でこんなイイこと!

ブログやインスタグラム用に写真撮影

 参拝したお寺はインスタグラムやブログ用に写真撮影。「記事にするときに、お寺のことを調べるので、勉強にもなります」

カフェの朝食でエネルギーチャージ

朝食メニュー「18品の朝ごはん」は、8〜10時30分の大人気メニュー。カフェの営業は8〜21時
朝食メニュー「18品の朝ごはん」は、8〜10時30分の大人気メニュー。カフェの営業は8〜21時

 2017年秋、築地本願寺の敷地内にオープンした「築地本願寺カフェ Tsumugi」は朝8時から営業。朝食を目当てに、朝から行列ができることもあるほど人気。

 「朝からお寺を歩くと、とても疲れるのでカフェの朝食でパワーチャージ。朝から運動して、しっかり食事もして健康的です」。カフェでインスタへの投稿も。

気持ちの切り替えに効く!

 残業が続くと、家と会社との往復で1日中ビルの中ということも。「そんなときこそ、朝、お寺へ。境内の花や朝の空気に触れ、忘れていた季節感を取り戻して、元気になります

 お寺の境内は、都会でも自然を感じることができる場所。普段忘れがちな、四季の移り変わりを思い出させてくれる。「ラジオ体操をする人々など、集まる人たちの姿にも癒やされます」

【写真左】日中は観光客がいっぱいの浅草寺(せんそうじ)(東京都台東区)も朝は静謐(せいひつ)。
【写真中】東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)内の不忍(しのばずの)池(いけ)辯天堂(べんてんどう)(東京都台東区)。「蓮が7月上旬から8月中旬くらいまで咲きます」
【写真右】柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)(東京都葛飾区)の境内では、「早朝ラジオ体操が行われていました」

安澤さんのインスタグラム→
ブログ「寺めぐり365」→

取材・文/吉田明乎 写真/小野さやか

日経WOMAN2018年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります