「月2回掃除を頼む」が1万円の価値がある4つの理由

1.苦手な水回りを頼み、ストレスから解放

 自分では行き届かない水回りを中心に依頼。「パーツも外して掃除してくれるので、いつも清潔。お風呂を洗わなきゃ…というストレスから解放されました」

2. 家事のやり方を教わって、整理上手に

 服の畳み方や整理法を教わってからは、苦手なクローゼットの片づけがスムーズに。「引き出しの中が整理されて、必要な服を見つけやすくなりました」

3. 収納アドバイスで探しモノ減

 以前はアクセサリーをベッドに置きっ放しにしていたが、「動線に合わせ、玄関にトレーを置くというアドバイスに従ったら、きちんと戻す習慣がつきました」

4. 勉強の時間を確保しキャリアアップ

 今まで家事に費やしてきた時間を、インプットの時間として使えるように。「仕事に生かせるビジネス書を読む時間を確保。有意義に過ごしています」

取材・文/工藤花衣 写真/小野さやか

日経WOMAN2019年5月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります