「卵」の朝サイドメニュー

 卵は、火を使わずレンチンで3変化する食材。温玉もオムレツも、そして憧れのスクランブルエッグまで、ぜんぶ火を使わず、電子レンジで簡単にできる。

 毎日の卵料理が劇的にラクに作れる3つのレシピをチェックしよう。

レンジ温玉

【材料(1人分)】
卵…1個
水…50ml
めんつゆ…適量
万能ネギ…適量、好みで

【作り方】
1. 小さめの耐熱ボウルに水を張り、卵を割り入れる。黄身の部分を楊枝で数カ所刺し、ふんわりとラップをかける。
2. レンジ(600W)で1分10秒ほど加熱する。ラップの端を開けて、水を切る。好みでめんつゆをかけ、小口切りにした万能ネギを散らしていただく。

レンジオムレツ

【材料(1人分)】
卵…2個
牛乳…大さじ1
粉チーズ…大さじ1
塩…少々
コショウ…少々
ケチャップ…適量、好みで
ブロッコリー…適量、好みで

【作り方】
1. 大きめの耐熱ボウルにラップを沿わせるように張り、そこに材料を全部入れて、よく混ぜる。
2. レンジ(600W)で1分ほど加熱してから取り出し、軽く混ぜる。さらに40〜50秒ほど加熱し、卵がおおかた固まったら取り出す。
3. ボウルからラップを外すようにして、ラップでオムレツの形に包み、そのまま30秒〜1分置く。
4. 皿に取り出す。好みでケチャップやゆでたブロッコリーを添えて。

トマたまスクランブルエッグ

【材料(1~2人分)】
卵…2個
トマト…1/2個
枝豆…10さや(豆の状態で約30g)
マヨネーズ…大さじ1
塩…少々
黒コショウ…少々

【作り方】
1. 大きめの耐熱ボウルにマヨネーズを入れ、くし形切りにしたトマト、さやから出した枝豆、塩、黒コショウを加えて混ぜる。
2. 卵を割り入れ、なじむように混ぜる。
3. ふんわりラップをかけ、レンジ(600W)で1分ほど加熱する。取り出して軽く混ぜ、さらに1分ほど、好みの半熟具合まで加熱する。

野口英世
料理研究家
野口英世 フードスタイリスト、料理研究家として、テレビや雑誌などで活躍中。無理のない作り手重視のレシピを提案。器にも造詣が深い。著書は『使いやすい台所道具には理由がある』(誠文堂新光社)など

文/樋口晶子(日経WOMAN編集部)写真/sono(bean) 料理・スタイリング/野口英世

日経WOMAN2018年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります