疲れない立ち方

例)先輩と待ち合わせ。早めに着いたはいいけれど、座るところがない…。
→たいていの人は右足重心! 左右に揺れて重心を分散させよう

◆左右交互に重心を移動させる
◆小さな揺れでOK
◆右足だけに体重をかける時間を減らす

 人は、内臓や横隔膜の構造の関係で、重心が右側に寄りがち。そのため、普通に立っているだけで体がゆがんでしまうことも。左右に小さく揺れて、重心の分散を心がけるのが、疲れないコツ!

疲れない座り方

例)残業続きの今週。座りっ放しから来る肩こりで、ますます仕事がはかどらない……。
→首を長くする意識で肩甲骨を寄せて肩こりとサヨナラ

◆肩甲骨を真ん中に寄せ、首を真っすぐ上へ
◆椅子には浅く腰かける
◆足は組まない

 デスクワーク中の猫背姿勢は肩こりの要因に。肩の位置を変えず、頭のてっぺんが上に引っ張られるように首を長くすると、自然に肩甲骨が寄り、肩の筋肉はリラックス。「下半身の血行促進のため、30分に1回は立ち上がりましょう」

疲れない歩き方

例)徒歩15分の取引先への営業。このちょっとの距離を歩くのがしんどい……。
→歩幅は自分の足の2倍に。かかとから地面につけて脱「ペタペタ歩き」!

◆かかと→足の外側→つま先の順に地面を踏んで歩く
◆歩幅は足のサイズの2倍に

 狭い歩幅で足裏全体を使ってペタペタ歩くと、地面から受ける衝撃が増える。前のめりになり、姿勢がゆがむ原因にも。歩幅を大きく、かかとからの着地を心がけよう。

疲れないつり革の持ち方

例)今日も1日頑張った。正直言って仕事よりも、満員電車が一番疲れるんだよなあ……。
→つり革は両手持ちで、重心を安定させる

◆ぐっと力を入れてつり革を下に引っ張るように
◆体の中央に来るように両手で持つ

 片手でつり革(もしくは手すり)を持つと、体の重心がずれ、疲れを招く。つり革は両手で持ち、電車の揺れを使って体を適度に動かして、姿勢が左右に偏るのを防止しよう。

疲れないスマホの見方

例)家に帰るとついつい見てしまうスマホ。ずっと見ているとなんだか疲れてくる……。
→スマホも両手持ち。脇を締めて首の疲れを防止しよう

◆上半身が前のめりにならないよう意識
◆脇を締めて、高い位置で両手で持つ

 スマホの画面を長時間見ていると、姿勢が前のめりになり、首が疲れやすい。脇を締め、両手で目線に近い高さでスマホを持つと、自然と正しい姿勢に。こまめに目を休めるのも忘れずに。

山田知生
スタンフォード大学スポーツ医局 アソシエイトディレクター
山田知生 2002年、スタンフォード大学のアスレチックトレーナーに就任。同大学スポーツ医局で15年以上の臨床経験を持つ。著書に『スタンフォード式 疲れない体』(サンマーク出版)。

取材・文/大上ミカ 写真/PIXTA

日経WOMAN2019年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります