疲れ知らずな龍さんの24時間

6:00…起床

片手でスマホのメールをチェック
片手でスマホのメールをチェック

 起きたらまずストレッチ。股関節や肩甲骨のストレッチで20分ほぐして体のスイッチをON。「おかげで満員電車で同じ体勢でいても疲れを感じず、快適に1日がスタート」

7:00…朝食

朝食は抜かない。納豆ご飯で腸内をキレイに
朝食は抜かない。納豆ご飯で腸内をキレイに

 朝食の定番メニューは生卵入りの納豆ご飯。たんぱく質や水溶性食物繊維を取る。「おかげで腸内環境が整い、毎日快便です」

7:45…家を出る

娘を保育園へ送る3kmは自転車を使って運動タイムに
娘を保育園へ送る3kmは自転車を使って運動タイムに

 「かかとに重心をかけることで、お尻の筋トレに。下半身を意識的に鍛え、膝の痛みを防止しています」。通勤電車でも、座席には座らない。

13:00…昼食

同僚と外食し午前の疲れをリセット
同僚と外食し午前の疲れをリセット

 ランチの定番メニューは、大好きな赤身肉でたんぱく質をしっかり補給。「頭で考えすぎず、好きなものを食べるようにしていますが、たんぱく質は必須です」

19:00…夕食

夜のたんぱく質は魚や卵がお決まり
夜のたんぱく質は魚や卵がお決まり

 夕食は自炊で野菜中心のヘルシーメニュー。胃が疲れない程度の適量で、食事を終わらせる。「野菜中心のおかずを2〜3品と、魚や卵料理を。白米は茶碗半分以下に収めています」

20:30…ストレッチ

 夜にもストレッチとツボ押しでリラックス。下半身や背中を中心に伸ばしていく。「入眠によいとされるツボを押して、リラックス。良い睡眠で疲れをしっかり取ります」

休日は?

→長めの入浴で丁寧にマッサージ

 平日よりも入浴時間がたっぷり取れる分、長めのお風呂で全身をマッサージ。「体を洗うタイミングで、腕や脚などを念入りにもみほぐします。平日に取れきれなかった疲れもすっきり!」

取材・文/岩井愛佳 写真/小野さやか

日経WOMAN2019年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります