疲れ知らずな平山さんの24時間

8:00…起床、朝食

投入はコイズミのスープメーカーで簡単にできる
投入はコイズミのスープメーカーで簡単にできる

 手作りの豆乳でスムージーを作るのが定番。ブロッコリーと小松菜、バナナをイン。アサイーパウダーを入れることも。「豆乳作りで余ったおからは、夕食の材料に使います」

10:00…仕事スタート

デスク上に常備!
デスク上に常備!

 会社のデスクに化粧水を置き、顔や手、腕など、こまめに保湿。自ら開発した無添加化粧品「Tocco」を愛用。肌のトラブル知らずで、17年間ノーファンデというから驚き。

13:00…昼食

ビタミン、ミネラルとたんぱく質を摂取
ビタミン、ミネラルとたんぱく質を摂取

 外食は、食べる順番とメニュー選びを意識。サラダバー付きの焼き肉ランチで栄養補給している。「野菜から食べる『ベジファースト』で血糖値の急激な上昇を防ぎます。また、しっかりお肉を食べてたんぱく質を摂取し、パワーチャージ!」

19:30…夕食準備

豆乳鍋でヘルシーに
豆乳鍋でヘルシーに

 「胃腸の疲れは万病のもと。会食がなく自宅で取る夕食は、できるだけ胃に負担をかけない食事を心がけます。この日は手作り豆乳で野菜をたくさん入れた豆乳鍋を」

24:00…リラックス

「せんねん灸」をネットで購入
「せんねん灸」をネットで購入
風呂に飲みかけの日本酒と塩を入れて発汗促進!
風呂に飲みかけの日本酒と塩を入れて発汗促進!

 健康と美容のために質の良い睡眠を重視し、入眠への準備はしっかりと。「入浴後お香を焚たき、セルフお灸でリラックスしてからベッドに入るとスムーズに寝られて、朝の寝覚めもバッチリです」

休日は?

→犬の散歩で遠くまで歩く

 3匹の犬を飼っており、休日は遠方まで散歩がてらウオーキング。「地方に行き、ゴルフやサイクリングで体を動かすことも多いです」

取材・文/西尾英子 写真/小野さやか

日経WOMAN2019年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります