夜の腸活 夕食から就寝まで

19:00…夕食
 炭水化物は取らず野菜中心の外食

野菜中心の外食

 職場の近くで夕食。野菜中心で腹八分目に。「腸は就寝中に掃除され、食べ物は便として排出されますが、胃にたくさん残っていると、その機能が乱れてしまいます。お腹の張りや疲れの原因にも」

夜遅くの夕食は「置き換え食」を

置き換え食

 夕食が21時以降の場合、消化しやすい軽食を。「ところ天・きな粉・黒蜜」「温リンゴ・ヨーグルト」「生ナッツ」の置き換え食がおすすめ。「お気に入りはカスピ海ヨーグルト」

22:00…入浴
 ぬるめの湯につかりお腹マッサージ

お腹マッサージ

 ぬるめのお湯で副交感神経を優位にすると、腸は働きやすくなる。湯船にお腹(腸)を浮かして優しく揺らし、「お腹をつまんでプルン」を数回ほど。むくみが取れて軟らかくなる。

0:00…就寝
 ラベンダーオイルなどで腕や腹周りをマッサージ

「トゥルーラベンダー」(シャトー・デュ・ボワ)のオイルとジェル
「トゥルーラベンダー」(シャトー・デュ・ボワ)のオイルとジェル

 誘眠作用のあるラベンダーの香りのジェルを使い、お風呂上がりにマッサージ。「疲れが取れてリラックスするので腸の動きも活発に。脳天にオイルをつけるとスーッとする」

齊藤早苗
コロンハイドロセラピスト、看護師
齊藤早苗 米国で腸内洗浄セラピーの研修を受け、国際ライセンスを取得。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・コロンハイドロセラピーで、1万人以上に腸内洗浄を行いながら、便秘やポッコリお腹に悩む女性に腸活ケアを指導。
https://腸内洗浄クリニック.com/

取材・文/西尾英子 写真/小野さやか

日経WOMAN2019年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります