目元メイクの老け見え防止策

8. これまでのアイメイクが最近は似合わない

40代は注目!
⇒大粒ラメやパール入りのシャドウをやめて微パールタイプに切り替えを

「目元がくすみがちな40代が、大粒ラメやパール入りのアイシャドウを使うと、シワやアラを強調し、疲れて見えます。マットな質感のタイプか、微量パールのものにチェンジを」


9. 若々しい目元をつくりたい!

30代 40代は注目!
⇒ポイントは眉と目元の距離を縮めること

「年を取ると目と眉との間が広がり、老けた印象になります。普段よりも眉毛を1mm下に描いたり、ビューラーでまつげを上げたりして、眉と目元の距離を縮めましょう」


10. 目元がぼやっとして見える

30代 40代は注目!
⇒ミディアムカラーから乗せず、先に濃い色を際に入れる

「アイシャドウパレットの一番濃い色を先に目の際に入れると、目元が引き締まります。入れる幅を広くしすぎると、目元に陰影がつきすぎて、老け見えの原因になるので注意!」

眉と目が離れて見えるため、眉は細くしすぎず、自然な太さに整えて(左)。濃色のアイシャドウをアイライン代わりにして、目の際に(右)
眉と目が離れて見えるため、眉は細くしすぎず、自然な太さに整えて(左)。濃色のアイシャドウをアイライン代わりにして、目の際に(右)

11. 左右そろったアイラインが上手に引けません

20代 30代 40代は注目!
⇒肘を固定し、ライナーを寝かせて持って

「アイライナーを顔に平行にして寝かせて持つ。机に肘をつき手を固定して描きます。眉毛は、気に入っている形ではない苦手なほうを、得意なほうにそろえて描くとうまくいきます」

チークやリップはどうする?

12. 自然な血色顔をつくる方法は?

40代は注目!
⇒外側に向かって生え際までチークブラシを滑らせて

「血色顔にチークは必須! 顔の外側から内にブラシを入れると、不自然で古くさい印象になるので、黒目の真下あたりから頰骨の高い位置まで、ふんわりと入れましょう」


13. 敏感肌で口紅をつけることに抵抗あり…

20代 30代 40代は注目!
⇒保湿効果の高いグロスがおすすめ

「敏感肌のため唇の皮がむけやすい、乾燥しやすいという人は、保湿効果の高いリップグロスをつけるとよいでしょう。リップクリームよりしっとりとしたテクスチャーで、乾燥を防いでくれる上、色味がプラスされて表情が華やぎます」

肌のカラートーンを知っていると色の選び間違いナシ
自分の肌の色が「イエローベース」か「ブルーベース」かを知っておくと、メイク用品を選ぶときに「色が合わない」「色が浮く」といった失敗を防げる。「カラー診断などで自分の肌色を知っておくと、一生使えますよ」。

MANAMI
メイクアップアーティスト
MANAMI トータルビジュアルプロデューサー。15歳からモデル業を始め、18歳から台湾を中心にモデル、タレントとして活動。引退後にメイクアップアーティストに転身。芸能人のメイクやTPOに合わせたメイク指導、講師を務める。現在は中央大学法学部に在籍中。著書は『メイクの超基本テクニック』(マイナビ)など。

取材・文/樋口晶子(日経WOMAN編集部) 写真/鈴木希代江 モデル/殿柿佳奈

日経WOMAN2019年1月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります