多田さんの【週間レフト式】5つのコツ

1. 平日の予定は縦線を引き時間帯を3分割、見やすく整理

 平日のスケジュール欄には縦線を引き、「午前・午後・夜」などと3分割すると見やすい。1枠はタスク欄にする手も。休日は分割せずに大まかな予定を書いてもOK。

2. 予定に関連したタスクは付箋に書いて貼る

 重要な予定に関連するタスクは、付箋に書いて目立たせる。「締め切りのあるタスクなどは他の付箋と色を替えると、手帳を開いたときにパッと目に飛び込んできます」

3. 気に入った店のショップカードと感想を残す

 右ページには1週間のうちに起きた出来事を自由にピックアップしてメモ。「その週に行った飲食店のカードと感想を残しておけば、再訪したいときに役立ちます」

4. 右下スペースに翌週のタスクを付箋でスタンバイ

 翌週のタスクが決まった時点で付箋に書き出し、右ページの下に貼っておく。週が明けたら付箋を各日に移動すればOK。「前もって翌週の予定を意識して行動できます」

5. 空きスペースはシールで埋めると手帳がイキイキ

 空きスペースにお気に入りのシールを貼るだけで、華やかになり、手帳を開くたびに楽しくなる。「スケジュール欄が埋まらなくても、寂しい印象になりません」

取材・文/川端美穂[きいろ舎] 写真/小野さやか

日経WOMAN2019年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります