阿南さんの「1日1ページ式」5つのコツ

1.「iNSPiC」で出力した写真を貼って写真日記に

 「iNSPiC」でスマホの写真をシール紙に印刷して貼付。「スマホのカメラロールに埋もれがちな写真も手帳に貼ってメモを添えれば、振り返る楽しみがアップします」

iNSPiC PV-123(キヤノン)実勢価格1万5000円前後(税込)
iNSPiC PV-123(キヤノン)実勢価格1万5000円前後(税込)

2. 毎日「ログ」するものと、書くスペースを固定化

 線で区切って、TO DOや3食の「ログ」など「毎日記録したいこと」を書くためのフォーマットを作る。「記入欄を固定することで、挫折せず毎日続けやすくなります」

3. マスキングテープの上に書くと、見栄えアップ

 イラストや飾り文字が苦手な人は、上からペンで記入できるマスキングテープやシールに「ログ」のタイトルなどを書くと、ページにメリハリができて見栄えも良くなる。

4. 日々、目標やテーマを決めて前日や朝に書く

 仕事や家事の目標を毎日決めて、ページの一番上に書くと「目標を意識して過ごすことができます」。書き込みができるマスキングテープを使って強調するのもよし。

5.簡易家計簿として日々の出費も記録

 「食材まとめ」「おやつ代」など、日々の出費を大まかに記録。「詳細な家計簿だと三日坊主になってしまう人も、手帳に簡易家計簿の記入欄を作れば続けやすいはず」

取材・文/川端美穂[きいろ舎] 写真/佐藤和恵

日経WOMAN2019年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります