南條さんのマンスリーページ

使い方のポイントは?

(1)重要な仕事の予定と勉強した記録を書く。「仕事と勉強は互いにリンクしているもの。あえて色分けせず、大事なことは赤で記入」。勉強にかけた時間を左下に数字で記録すれば、進捗が一目瞭然。

(2) 月の予定を見渡しながら「頑張りどころ」を見極め、重要な日にシールを貼る。実際に「頑張った日」はぷっくりシールを貼って自分を褒め、自己肯定感アップ

(3)月初めに今月の仕事のテーマと勉強の目標を書く

(4)社員の離職リスクを可視化するツールの配信日は、緑のラインで目立たせる

(5)お気に入りのシロクマの付箋でモチベーションアップ!
大の「シロクマ」フリーク。シロクマに関するグッズは見つけたら即買い。気分のアガるものを使えば、勉強も楽しく!

(6)勉強した日にはクローバーのハンコを押して、勉強した時間も書く

(7)月や週をまたぐTO DOは、移動できるように付箋に書く

南條さんのウイークリーページ

重要な仕事は赤で書き優先順位を明確にする
社員に毎月アンケートを行い、その結果から抽出した課題に応じて仕事を組み立てる。最優先すべき重要な仕事は赤で目立たせ、脳にしっかりインプット。

取材・文/西尾英子 写真/小野さやか

日経WOMAN2018年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります