1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最強の手帳&ノート術
  4. 書くことで目標を達成する手帳術 思考や感情を可視化
  5. 2ページ目
最強の手帳&ノート術

最強の手帳&ノート術

書くことで目標を達成する手帳術 思考や感情を可視化

原田式 毎日書き込むだけでメンタルが鍛えられる

 「原田式」の目標達成手帳術は、「週末に書く」と「毎日書く」を組み合わせている。週末は翌週のことを書き込む、毎日書く内容は、TO DOや1日の振り返り、ルーティンチェックなど。順に見ていこう。

週末に書く

Step 1

⇒翌週の予定を見て、ONとOFFの翌週の目標を具体的に書く
数字などを入れながら、できるだけ具体的な目標や、達成したときのご褒美などを書き込み、翌週の自分の行動をイメージ。

Step 2

⇒翌週に感じたいプラスの感情を書いてイメージトレーニング
「イキイキしたい」といった翌週に感じたいプラスの感情を書く。その感情をイメージしながら書けば、モチベーションが高まる。

毎日書く

Step 3

⇒朝、1日の大事な仕事を2〜3個選び、成功させるためのTO DOを書く
1日の行動をイメージし、特に大事な予定や作業を2~3個ピックアップ。成功させるためのTO DOを時間割に落とし込む。

Step 4

⇒完了したTO DOに○、終わらなかったものには×を右に記入
実行できたこと、できなかったことをしっかり振り返り、○や×で示すなどして見える化。改善案を考える際の材料に。

Step 5

⇒1日の終わりに「よかったこと」と、「人に感謝された行動」をそれぞれ30秒以内に書く
些細なことでもいいので達成したことや、人に感謝された行動を書き、自己肯定感や自信を高める。「30秒以内に書くのが続けるコツ」

Step 6

⇒「今日をもう一度やり直せるなら何がしたいか」を30秒以内で
うまくいかなかったことの改善案を30秒以内に書く。クヨクヨしたネガティブ感情などがリセットされ、前向きな未来志向になる。

Step 7

⇒ルーティンを実行したかどうか○×でチェックする
習慣化したい行動を7項目ほど書き、毎日、実行の可否を○×でチェック。2週間続けば習慣化と考えるので、自信につながりやすい。

Step 8

⇒日曜に1週間を振り返り、目標に向けてヒントになった言葉や出来事、改善したいことを書く
日曜は1週間を振り返る日に。目標達成のための後押しになる言葉や、今後に向けて改善したいことを書いて、セルフコーチング。

構成・文/高島三幸

原田隆史
JAPANセルフマネジメント協会代表理事
原田隆史 奈良教育大学卒業後、中学校の保健体育教師として20年間勤務。独自の育成手法で中学の陸上競技部を13回の日本一に導く。退職後、大学講師を経て起業。トップアアスリートや企業に「原田メソッド」を生かした人材育成指導や研修を行う。『目標達成ノート』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書多数。

日経WOMAN2018年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります