石崎さんの「なんでも書き込みノート」の中身拝見

ビジネス書からの学び

 オーケストラ事務局での仕事では、企画力や営業力も必要なため、ビジネス書で勉強中。通勤電車で立って本を読みながら、付箋に要点をメモ。後でノートに書き写している。

調べた英語の単語や表現

 海外の指揮者をアテンドした際、英語が口から出てこず悔しい思いをしたことをきっかけに、言いたかった表現や英文メールの分からない単語を調べて書き、次の機会に備える。

ピアノのレッスンの内容

 現在、子供から大人まで25人の個人レッスンを担当。授業後、内容や気づきをその場で適当な紙に書き留め、後日ノートにまとめる。「この記録が指導者研修の際にも役立っています」

頂き物の記録

 キングジム「暮らしのキロク GIFT」をノートの表紙裏にスタンバイ。贈り物をもらった際は、日付や内容、送り主の誕生日を書いてノートに貼っている。「お返ししそびれを防げます」

取材・文/相良朋(日経WOMAN編集部) 写真/佐藤和恵

日経WOMAN2019年6月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります