最初にマンスリーページとメモページに書き込むもの

マンスリーページ
マンスリーページ

ポイント(1)ノーマネーデーを決めて書き込む
ポイント(2)金額が分からないことは空白でOK!
ポイント(3)月末に集計DAYを決めて書き込む
ポイント(4)引き落とし日もメモ
ポイント(5)ポイントアップデーにネット注文の予定と予算を書く

メモページ
メモページ

 固定費はメモページに書き出して把握する。

マネー手帳 4つのステップ

ステップ1・やりくりできる金額を決め、1カ月の予定&予算を書く

 「収入−固定費」からさらに1万〜2万円を引いた金額を、1カ月の「やりくり予算」に設定。次に実現したい予定(例・旅行で行きたいところ)と使う金額をマンスリーに記入。月全体の出費の予定を見える化する。

ステップ2・予算の合計額が妥当かを見極め、調整する

 実現したい予定に使いたい1カ月分の合計金額が、ステップ1で出した「やりくり予算」を超えたときには見直しが必要。「何が削れるかを考えて、1カ月の予定と使う金額の調整を」

ステップ3・使った金額は大判付箋などへその日にメモ

 ランチなどに使った金額はなるべく早くマンスリーにメモするクセを。後回しにすると続かない。「書き切れなければ付箋にメモしたり、家計簿アプリに打ち込んだりしてもOK」

ステップ4・1カ月の収支合計を書き、振り返る

 1日の終わりに使った金額の合計をステップ3で記入した表に上書きし、月末に収支合計をメモ。「使った額を把握し、ムダ遣いの内容をチェック。感想や反省をメモスペースに書いて、翌月の予算立てに生かして」

づん
家計簿ブロガー
づん 鹿児島県生まれ。自作の家計簿をSNSに投稿したところ「美麗で分かりやすい」と大人気になり、書籍がベストセラーに。『毎日が潤う づんの家計簿決定版』(ぴあ)など著書多数。3人の子供を子育て中。

構成・文/高島三幸 写真/スタジオキャスパー

日経WOMAN2019年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります