情報収集も、コミュニケーションも、手元のスマートフォン1台で完結してしまうデジタル時代。便利なツールを賢く使いこなしているつもりなのに、「じっくり考えられない」「思考力が低下している」と感じることはありませんか。そんな読者にぜひ身に付けてほしいのが、元トヨタ自動車社員の浅田すぐるさんが開発した「紙1枚にまとめる」思考整理法です。学べば、自己分析にも、プレゼン力アップにもつながること間違いなし!

日経doorsアカデミー 「紙1枚」思考整理法

手書き&紙1枚で「どう書くのか」

 こんにちは、浅田すぐるです。今回からいよいよ実践編に突入します。前回までにつかんでもらった「なぜ手書きか?」「なぜ1枚か?」といった問いに関する本質を踏まえ、「どうやって書いていくか?」の解説をしていきます。この記事を一通り読んだら、さっそく手を動かし実際にやってみてください。

 これからご紹介する「紙1枚」書くだけの思考整理法・コミュニケーションスキルには、「1枚」フレームワークという名前がついています。トヨタで学んだ「紙1枚」資料作成法をベースに、そこから本質的な要素を抽出。独自のアレンジを加え、誰でも簡単に再現できるようフレームワーク化した手法です。

具体的にどう整理していくのか。方法は2ページ目以降で!
具体的にどう整理していくのか。方法は2ページ目以降で!