情報収集も、コミュニケーションも、手元のスマートフォン1台で完結してしまうデジタル時代。便利なツールを賢く使いこなしているつもりなのに、「じっくり考えられない」「思考力が低下している」と感じることはありませんか。そんな読者にぜひ身に付けてほしいのが、元トヨタ自動車社員の浅田すぐるさんが開発した「紙1枚にまとめる」思考整理法です。学べば、自己分析にも、プレゼン力アップにもつながること間違いなし!

日経doorsアカデミー 「紙1枚」思考整理法

コミュニケーションの問題は簡単ワークで解決できる

 こんにちは、浅田すぐるです。前回記事では、「頭の中がごちゃごちゃして、考えをまとめることができない」というお悩みを解消していきました。ただ、やることはいたってシンプルで、たった「紙1枚」書くだけでした。所要時間も5分程度なので、長年この手の課題を抱えていた読者さんの中には、あまりの簡単さに拍子抜けしてしまった人もいたのではないかと思います。

 ですが、ビジネススキルは「実践で使えてこそ」意味があります。だから、手順が多かったり難しかったりしてはいけないのです。「簡単だからつまらない、くだらない」ではなく、「簡単だからこそ使える、ありがたい」という感覚で、これからも読み進めていってください。それでは、前回ご紹介した方法を活用しながら、今回は「コミュニケーション上の問題」を解決してしまいましょう。

 連載第3回でも書きましたが、仕事の8割は「思考整理」と「コミュニケーション」から成り立っています。これからご紹介する方法は後者に合う「紙1枚」の活用法になりますが、実際にやってもらうことは前回とほとんど同じです。

具体的な方法は、2ページ目以降でチェック!
具体的な方法は、2ページ目以降でチェック!