1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. \Power 20s/ 女子力なんてぶっとばせ!
  4. 「今も青春真っただ中」私がアパレル業に熱狂できる理由
  5. 2ページ目
\Power 20s/ 女子力なんてぶっとばせ!

「今も青春真っただ中」私がアパレル業に熱狂できる理由

「自分」を理解することで、仕事もおしゃれもキラキラできる

池田さん流「自分らしさ」を発揮できるファッション

 店長として活躍しているさなか、もう一つ、重要な役割が舞い込んできました。それは、ブランドのオフィシャルインスタグラマー。自身のライフスタイルやコーディネートを通じて、PRや情報発信を担う仕事です。

 ブランドイメージのスタイルは、自社サイトやルックブック(カタログ)にたくさん掲載されています。そこで池田さんは、ファンを増やすことを目標に、自分の身長や雰囲気、キャラに合ったリアルクローズを提案しようと考えました。

 池田さんが毎回こだわったのは「MERCURYDUOを『私らしく』着ること」。身長は167cmで平均よりも長身。全身をかわいらしくまとめるよりも、辛口の小物やダークカラーを組み合わせ、フェミニンなブランドイメージを大事にしつつも、自分好みのクールなテイストをプラス。あらゆるシーンでのスタイリングの参考になるよう、カフェや旅行、テーマパークなどへ出掛けた時のコーディネートは必ずアップしているそうです。

 「インスタを始めてから、『私でも着られると思った』と共感してくれた子育て中の方やお姉さん世代の方の来店が増えました。年齢やライフスタイルの変化を理由に『好きなブランドの洋服はもう着られない』なんて思うのは、本当にもったいないし、寂しい。例えば、フリフリのトップスはパンツと合わせるなど、組み合わせやスタイリング次第で、着たかった洋服を無理なく取り入れることはできるんです。好きな洋服を着て、ハッピーになることが、おしゃれの一番の醍醐味だと思います」

 多くのお客様と共に「勝負服」を選んできた池田さんは、「自分のことを理解したファッションがベストチョイス」といいます。

 「女性が『憧れの誰かになりたい』、『こんなふうに見られたい』と思うのは、自然なこと。そのうえで、自分の魅力に気づいて、上手に表現する。いい意味で『自分らしさをさらけ出せる人』が、周囲からモテるんじゃないかなと思います。コンプレックスに感じる部分も自分の魅力に変えている人は、すてきだな~と思います!」

今年の春の新作ワンピースを着こなす池田さん。「色違いの白ワンピと迷ったけど、自分らしくブラック&レザージャケットで!」
今年の春の新作ワンピースを着こなす池田さん。「色違いの白ワンピと迷ったけど、自分らしくブラック&レザージャケットで!」
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります