現在公開中の『映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』。2004年にテレビアニメ『ふたりはプリキュア』が始まって以来16年間続く、大ヒット&長寿シリーズの19年秋の映画化を任されたのが、入社4年目の東映アニメーション・村瀬亜季さん。今、エンタテインメント界で最も注目されるジャンルの1つとなったアニメ業界で、20代の若さでプロデューサーとして現場の最前線に抜てきされました。今の仕事を選んだ経緯、そして仕事への考え方を聞きました。

村瀬亜季

むらせ・あき

アニメプロデューサー

クリエーティブ
プロデューサー

2016年東映アニメーションに入社。『プリキュア』のテレビアニメや映画のアシスタントプロデューサーを経て、『映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』(公開中/東映配給)のプロデューサーに就任。次作も準備中。

『映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 
『映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 
ある日プリキュアの前に現れた謎の生き物『ユーマ』。ひかる/キュアスターとララ/キュアミルキーは言葉が通じないユーマに振り回されるが、歌をきっかけに絆を育む。しかし謎の宇宙人ハンターたちが現れ大ピンチに。宇宙の平和を守るためプリキュアが立ち上がる!
(c)2019映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

テレビシリーズをベースに「映画」だからこそできる物語を届けたい

── 2004年に始まったアニメ『プリキュア』シリーズ。「女の子だって暴れたい!」をシリーズコンセプトに、「普通の中学生女子が妖精から頼まれ、伝説の戦士“プリキュア”に変身。アイテムを使って敵と戦う」というストーリーで、今までにテレビシリーズ16作、映画27作が作られてきました。近年は、「スイーツ」や「子育て」、星座をモチーフに異星人との交流から「多様性」をテーマにするなど、時代感を取り入れた作風が話題を呼んでいます。

 同作で、入社3年目、20代にして映画のプロデューサーに抜てきされた村瀬さん。『映画スター☆トウィンクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』は、どのように作っていかれたのでしょうか。

村瀬亜季さん(以下、村瀬) プロデューサーの話をいただいたのは、約1年前です。『プリキュア』の映画は年2本あって、2019年春公開作は過去作も含め3世代のプリキュアが集合する映画だったので、秋公開作は同年の春から始まる新しいテレビシリーズのキャラクター単独の物語にしようと思いました。ただ、当時テレビシリーズは放送が始まっていなくて。そこでまず、「映画が公開する頃、キャラクターはどう成長しているのか」など、質問をざっとリスト化してTV担当の柳川プロデューサーを訪ね、「答えられるものだけでいいので」と、とにかくヒアリングしました。

 テレビシリーズの企画書やシナリオをみて「ロマンチックな星空」「うた」というキーワードを連想し、ヒアリングの結果、「映画では歌をキーにしよう!」と決めました。

 今作の田中裕太監督が以前演出を担当した『ドキドキ!プリキュア』(13~14年)の40話で、キュアソードが歌いながら大切な人へ語りかけていくシーンが個人的にすごく印象的で。田中監督ならば、“歌で物語を引っ張る”映画をまとめあげてくれると思い、オファーしました。