1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 私の転職ストーリー
  4. コロナ禍に転職成功 修業のため愛媛から上京した29歳
  5. 3ページ目
私の転職ストーリー

コロナ禍に転職成功 修業のため愛媛から上京した29歳

(上)仕事も職場環境も良好、それでも地元を離れて転職した理由は?

地元を離れる決意ができた理由

 Mさんが転職活動時に利用したのは、転職サイトの「マイナビ転職」、転職エージェントの「リクルートエージェント」、地元・愛媛の転職に特化した「アールエフキャリア」の3つ。

 「地方での転職活動は、大都市圏と違って条件を絞り込めば絞り込むほど求人数が少なくなります。私はまず、勤務地は愛媛、職種は営業企画に絞って探したのですが、それだと希望の求人がなかなか見つかりませんでした。広報業務も経験があったため、一度は愛媛勤務の広報職で探してみましたが、それだと私が本来やりたかったこととはズレてしまいます。そのため、やはり営業企画の仕事に就くことを最優先に考えることにしました」

 転職の目的を定めておいたおかげで、岐路に立ったときの判断軸をしっかりと持つことができたMさん。転職エージェントのキャリアアドバイザーから、「営業企画で仕事を探すなら、大阪や東京などでの就職を視野に入れてみては?」とアドバイスされたときも、「自分のキャリアにとってはそのほうがいい」と納得できたといいます。

 「今回の転職は営業企画として成長するための『修業』だと思っていたので、地元を離れるからといって転職をやめようとは思いませんでした。転職の目的が曖昧であれば迷ったかもしれませんが、転職活動前に自分のやりたいことを明確にしておいたおかげで、地元を離れる決意を固めることができました

「今回の転職は、営業企画として成長するための『修業』だと思っていました」
「今回の転職は、営業企画として成長するための『修業』だと思っていました」
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります
まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

日経xwomanと日経電子版を2カ月間無料で体験いただけます。