「大事な人」と言えば、すぐに誰かが思いつく