今年7年目の「WOMAN EXPO TOKYO Winter」は初のオンライン開催。日経doorsでは起業家のハヤカワ五味さんと秋元里奈さんをお呼びして、本音や等身大の悩み、今後の展望を伺います。オンラインなので自宅からでも無料で参加が可能です。今を輝くお二人とキャリアやライフについて考えを深めていきましょう。

セミナータイトル

ハヤカワ五味&秋元里奈

20代起業家の本音

 アパレルブランドを運営するウツワ代表のハヤカワ五味さんと新鮮な食材を届けるオンライン直売所「食べチョク」を運営するビビッドガーデン代表の秋元里奈さん。20代という若さで起業した2人はなぜ、やりたいことを見つけることができたのでしょうか。そして、これまでどんな壁にぶつかり、どのように乗り越えてきたのでしょうか。またプライベートではどんなプランを描いているのでしょうか。お二人の本音に迫りながら、自らのキャリアやライフについて考えを深めていけるセミナーとなっています。事前登録は無料、先着順です。オンラインなので全国どこからでも受講ができます。

セミナーのお申し込みはこちらから!

登壇者紹介

ハヤカワ五味
ハヤカワ五味
1995年生まれ、25歳。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。高校生の頃からアクセサリー類の製作を始め、プリントタイツ類のデザイン・販売を行う。大学入学後、アパレルブランドを運営するウツワを創業。ワンピースブランド「GOMI HAYAKAWA」、2014年にランジェリーブランド「feast」、16年にワンピースブランド「ダブルチャカ」を立ち上げる。19年から生理から選択を考えるプロジェクト「ILLUMINATE」を始動。20年8月、生理周期に合わせて飲み分けるサプリメント「チケットサプリ」を発売。
秋元里奈
秋元里奈
1991年、相模原市の農家に生まれる。29歳。慶應義塾大学理工学部卒業後、ディー・エヌ・エー入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験。25歳でビビッドガーデンを一人で創業。農家や漁師がオンラインで直売できる「食べチョク」を立ち上げ、運営する。農業×ITで社会課題に挑む起業家として注目を集める。2020年9月からは情報番組『Nスタ』(TBS系列)の水曜レギュラーとしても活躍中

「WOMAN EXPO」とは

 女性活躍推進を後押しする取り組み「日経ウーマノミクス・プロジェクト」の 一環として、2014年5月にスタートした「WOMAN EXPO」。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、リモートワークに代表される新しい 働き方が急激に広がり、企業の在り方や人々の価値観が大きく変化しています。 女性の生き方・働き方も激変していく中にあって、将来に備えた投資やスキルアップ、日々心地よく生きるための美容や健康といったテーマに、これまで以上に関心が高まっています。 そんな激動の時代に合わせ、『WOMAN EXPO TOKYO 2020 Winter』は、初めてオンラインで開催することになりました。顔と顔を合わせることができなくても、意識の高い女性と、その女性たちが必要とするさまざまな情報が「密」に集まる場を提供してまいります。


「WOMAN EXPO TOKYO Winter」の詳細とセミナーのお申し込みはこちらから↓

セミナーの詳細はこちらから!


写真/窪徳健作(ハヤカワさん)、洞澤佐智子(秋元さん)

Powered by リゾーム