お風呂上がりに香りのあるオイルでマッサージ

 マッサージに適しているのは、入浴時と入浴を終えた直後。体が温まって血行が良くなっているため、老廃物を体外へ促す作用が増し、むくみ解消につながりやすくなるからだ。

 どんなに忙しくても毎晩お風呂に入り、少なくとも湯船に20分程度つかっているという和田さん。湯船の中で二の腕や太もも、ふくらはぎをほぐし、お風呂を出た後は、全身をオイルマッサージする。ちなみに和田さんが愛用しているボディオイルは、「プロフエール ボディマッサージオイルEX・150ml(井田ラボラトリーズ)」。グレープフルーツとゼラニウムの爽やかな香りがお気に入りだそう。

人気オーガニックブランドのボディオイルと同じ成分が配合されており、良質だが価格は約1500円とお手頃。「惜しみなくたっぷり使えるのが魅力です」(和田さん)

 「香りのあるオイルを肌にまとうと、それだけで癒やされますし、ぜいたくな気分になれますよね。ぜひお好きな香りものを使ってもらえたら。オイルで伸びが良くなることでマッサージがしやすくなり、肌に潤いやツヤも与えてくれるのでおすすめです」

 和田さん流のマッサージは、裸の状態で全身を鏡に映しながら、ボディの状態をチェックすること。足先からデコルテ、首まで全身を「セルフヌードマッサージ」するのが日課だ。全身を見て、気になるところがあれば、重点的にマッサージする。

「今日は脚がむくんでいるなとか、おなか周りが気になるなとか。自分の体をありのまま直視するのは、時に避けたくなりますが、その日の健康状態やボディラインを細やかに見ることで、ささいな変化にも気付きやすくなり、ボディもより磨かれていきます。続けていけば、必ず変化し、『私ってなかなかすてき!』とセルフイメージも上がっていきます」

気になる背中、脇、おなか周りのマッサージ法

 全身を見て気になるところがあれば、重点的にマッサージを行う。以下は、背中や脇肉のぜい肉をスッキリさせるマッサージだ。ブラジャーの上のお肉が気になる人はぜひ試してみてほしい。

<背中&脇肉スッキリマッサージ>
腕を上げ、背中から胸まで手のひらでつかんで、リンパを流す。これを10回繰り返し、反対側も同様に行う。

 次は、おなか周りのマッサージ。おなかのたるみ、プヨプヨが気になる方はトライしてみよう。

<おなか引き締めマッサージ>
下腹部から上に向かって、両手を交互にしながらリズミカルにマッサージ。おなか全体を30秒ほど丁寧に行う。


 マッサージをするとおなか周りの脂肪が流れやすくなるとともに、腸も刺激され、翌朝スッキリの効果も。和田さんは、こうした全身のセルフヌードマッサージをなんと20年も続けているそう。美は1日してならず、だ。