東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗氏から、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性蔑視」発言があった。その後の謝罪会見でも“逆ギレ、居直りだ”という批判が噴き出す。一連の騒動にみる日本社会のジェンダー多様性の問題は何か?(日経xwoman編集委員・羽生祥子)

 コロナ禍における五輪の強行開催検討に注目が集まるさなか、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗氏からとんでもない失言が出た。いや、失言ではない。性差別発言といったほうが正しい。「うっかり言葉を間違えた」というレベルのものではないからだ。

アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)のお手本のような発言

 森氏の女性蔑視発言は、「委員会メンバーにおける女性比率」の文脈で飛び出した。

「女性理事を4割というのは文科省がうるさく言うんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかかる。女性がなんと10人くらいいるのか、5人か、10人に見えた。5人います。(ここで笑いが起きる)」
「女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。結局女性っていうのはそういう、女性を必ずしも増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制しておかないとなかなか終わらない(という意見もある)」
「私どもの組織委員会にも、女性は7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話も、きちんと的を射た、そういうのが集約されて非常に役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです」
(オンライン公開会議の発言から抜粋)

 女性は話が長い、女性は競争意識が強い、女性はみんな発言したがる……。当たり前過ぎて指摘するのもバカバカしいが、これらは女性の特性ではない。上記の「女性」の部分を、「男性」または「人間」または「個人名」に置き換えてみてほしい。置き換えた後でも文意が通る、もしくはそちらのほうが伝えたかったことにならないか? だとしたら「女性は競争意識が強い」というのはステレオタイプに基づいた発言であり、これぞまさに今、先進企業が研修などで学んでいる「アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)」そのものだ。森氏の発言ほどひどいものではないにせよ、私たちも日々アンコンシャスバイアス発言をしている可能性は大である。怒りとともに、反面教師のお手本として胸に刻みたい。

森会長の発言からは、「多様性」の理解のかけらも感じられない(写真:AFP/アフロ)
森会長の発言からは、「多様性」の理解のかけらも感じられない(写真:AFP/アフロ)

 私がもう一つ怒りを覚えたのは「女性理事を4割にというのは、文科省がうるさく言うんですね」の部分だ。