doors世代の中には「いずれはマンションを購入したい」と考える女性も多く、超低金利の後押しもあって住宅購入はより身近になっています。ライフプランやマネープラン、お金のため方やマンションの選び方などについて、それぞれのプロに教えていただきました。

お金の流れを見直し満足度を下げずに貯蓄を増やす

 2019年3月29日(金)、日経doors主催セミナー「doors世代のためのマンション購入入門~賢い選び方とお金のため方~マンション購入入門セミナー」が都内で開催されました。第1部の講演は『doors世代のためのお金のため方入門』。フィナンシャル・ウィズダム代表・山崎俊輔さんが、住宅購入に対する考え方や、具体的なお金のため方を教えてくれました。

セミナーは、タカラレーベンのコンパクトマンションシリーズ「NEBEL」のモデルルームがある「SALON DE NEBEL」(東京・銀座)で開催

 お金の流れは「稼ぐ」「使う」「貯める」の3要素に「借りる(返す)」「備える」を加えた5つの要素から成り立っています。貯められない人は、このどこかが滞っているのです。お金の流れを分解して貯まらない原因を考え、流れを整えて貯金を増やしていきましょう。

 その際に、重視したいのは「満足度を下げずにお金を残す」こと。無理したり我慢しすぎては続かないし、幸せになれません。では、満足感を保ちながらお金を増やすためにはどうしたらいいのか?具体的な方法を紹介していきましょう。

年収増を目指して一度は転職に挑戦を!

 「稼ぎを増やす」ことが貯蓄へのいちばんの早道。今は空前の売り手市場で転職のチャンスです。有効求人倍率は2009年に0.47倍でしたが、2018年には1.6倍と大幅に伸び、転職しやすい環境になりました。正社員に限っても1.1倍なんですよ。この状況がいつまで続くか分からないから、ダメもとでいいから、ぜひ転職サイトに登録してみてください。同じ仕事をしながら今より評価が高く収入が増える可能性を探ってみましょう!

ゲーム感覚で節約を楽しんで

 例えば、ペットボトルのお茶を買わずにティーパックを買って水出しして飲めば、10円で済みます。これを“ケチ”と思わず「同じ味を安く買えた!」とゲーム感覚で楽しみましょう。

 もう1つ、ぜひ実践してほしいのは、スーパーで買い物する時、レジの前でかごの中を見返し、2つくらい棚に戻すこと。特に惰性で買っているものはコスパが悪いから、ムダにつながっています。逆に、たとえば新作スイーツを買うなど、「これは自分を幸せにするもの」と意識して買うならOKですよ。

 また、一度は家計簿をつけることをおススメします。スマホの家計簿アプリを使えばオンラインショッピングやクレカ(クレジットカード)と連携できるし、紙のレシートも写真を撮って読みこめば手間をかけずに家計簿ができあがります。グラフ化して前月と比べることもでき、お金の流れがひと目で分かります。いちばんダメな家計簿をときどき見返して反省材料にするのも手。通勤電車やランチ注文の待ち時間など、すき間時間を活用してパパっと入力を済ませるのが長続きのコツですよ。

フィナンシャル・ウィズダム代表の山崎俊輔さん。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザ。『読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 』『稼ぐ・貯める・増やす 20代のお金の教科書』『お金が「貯まる人」と「なくなる人」の習慣』など著書多数