プレゼンや新規の客先訪問など、ここぞという勝負デーは気分を上げるために新しいパンプスでいざ出陣! がしかし、履きなれない靴で足が疲れたり、歩くたびに踵がパカパカ……。これまでに一度でもこんな経験をしたことがある人にぜひ注目してもらいたいのが、下着メーカーのワコールから発売されている「サクセスウォーク」。このパンプスが多くの働く女性に支持されているのには、確かな理由がありました!

立ち仕事女性に大ヒット!下着メーカーが作るパンプス

 最近のオフィスカジュアルの流れで普段はラクな靴を履いているという人も、ここぞというシーンにはやっぱりパンプスを選んでいるのではないでしょうか。

 一方で、パンプスにはどうしても、「歩きにくい」「痛い」「疲れる」といったネガティブなイメージがつきまといがち。実際、20~50代の働く女性400人を対象に行った「働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査(2019年1月ワコール調べ。20~50代、n=400)」でも、せっかく買ったのに泣く泣くお蔵入りになった「休眠パンプス」を、誰もが平均1足は持っているという結果が出ているそう。パンプス選びには、多くの女性たちが悩まされているようです。

 「デザインがステキで、キレイに見えて、しかも自分の足にフィットするパンプスに出合いたい!」多くの働く女性が抱いているこの思いは、叶わぬ夢なのでしょうか……。

 いいえ、そんなことはありません。そこで紹介したいのが、下着メーカーのワコールが手がけるパンプス「サクセスウォーク」です。

ワコールの靴「サクセスウォーク」2019年秋冬コレクション

 このパンプスは、キャビンアテンダントやホテルの従業員、販売職などの立ち仕事の女性、1日中外を歩き回る営業職の女性など、日々足を酷使している人々からも絶大なる支持を得ています。その礎となるのが、下着作りを通じて長年にわたって女性のからだの美しさを支えてきた、ワコールのもの作りです。

 独自の研究機関「ワコール人間科学研究所」では、1964年の設立以来、これまでに延べ4万人以上の日本人女性のデータを収集。データ分析からからだの加齢変化の法則や美しさの指標を発見したり、より美しく、より健康に、より快適にするための商品開発を行なっています。そんな「ワコール人間科学研究所」では、パンプスを履いた時の不安定感をなくすにはどうしたらいいか、足への圧力を減らすにはどうしたらいいかといった、パンプスを履いた時の足の状態も研究しています。

 そうしたワコールならではのノウハウが活かされているのが「サクセスウォーク」。下着作り同様、人間科学研究所の研究をもとに何度もフィッティングを繰り返しながら作っているからこそ、歩きやすくて疲れにくい、女性が美しく快適に働けるパンプスが実現したのです。