私らしい未来の幸せを、自分に正直に追求できるのがこれからの時代。たくさんの情報があふれるなか、投資をスタートするために必要なルールをマネーのプロが伝授します!

「令和の時代」は、ますます変化が速くなる

和泉さん(以下、敬称略) 元号が変わった今年、消費税率が引き上げられました。導入当初3%だったものが、今や10%です。

和泉昭子(いずみ・あきこ)さん
生活経済ジャーナリスト
ファイナンシャル・プランナー
メディアや講演活動を通じ、マネー、キャリア、コミュニケーションに関する情報を発信し、幅広く活動している。著書に『ウォール街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学』(日本実業出版社)など多数

白水さん(以下、敬称略) 以前はネット通販でモノを買っていた私も、今では現金を持たずに外出しても困らないほど、環境は大きく変わっています。

白水美樹(しらみず・みき)さん
レオス・キャピタルワークス株式会社
取締役 営業本部長
マーケティング・広報部長
第一證券(現:三菱UFJモルガン・スタンレー証券)にて株式トレーダー、ソニー生命保険を経て、 DLJdirectSFG証券(現:楽天証券)の創業より勤務。カスタマーサービス部長、経営企画部とサービスから企画・管理まで、長年インターネット証券業務に携わった後、2008年レオス・キャピタルワークス入社。2009年取締役就任

和泉 生活のあり方すべてが、大きく変わるのが「令和の時代」です。「明日は昨日の延長ではない」と考えましょう。お金についてもこれまで通りのつもりでは、将来に備えることが難しくなるでしょう。

「年金2000万円問題」は、本当に起こるのか!?

白水 6月に公表された金融庁の報告書に“老後の生活は2000万円不足”とあったとして、大きな話題になりました。

和泉 そもそも、現在の年金制度は「55歳定年、平均寿命75歳」の時代につくられたもの。人生100年時代を前提にした現在ではひずみが出てもしかたがないと言えます。

白水 もちろん、年金だけで老後にぜいたくな暮らしができるとは、もはや誰も考えていないでしょう。その意味では「年金は不足」しています。そうであれば、この機会に、「自分は将来、どんな暮らしがしたいのか」を考えてみてください。そして、望む生活を手にいれるために、年金以外でいくら必要なのか、自分と向き合って明らかにしてみてほしいのです。

■マネー美人のための資産形成セミナー2019開催!詳しくはこちら