一般人でも「インフルエンサー」になれる昨今。ブログやSNSの普及により、「セルフブランディング」という言葉が知られるようになりました。これからは、働くうえでもセルフブランディングが必要な時代、ともいわれます。この連載ではセルフブランディングの実践方法を紹介していきます。

自分の価値に気付いて

 「これからは誰にでもセルフブランディングが必要な時代です」――そう話すのは、11年にわたり社員のブランディングコンサルティングに携わってきた余語まりあさん。「私は一般人だから関係ない」という思い込みを変えて、自分の価値を高めていくことが大切です。

 自分の価値を高める必要がある背景は、女性の働き方の変化。以前は出産・育児を理由に離職する女性が多数派でしたが、現在は出産後に復職する人が増え、女性が一生働く時代になってきました。そのため、余語さんは「働くチャンスを広げるためにセルフブランディングは欠かせない」と話します。

女性の年齢階級別の労働力率を表す、いわゆる「M字カーブ」は以前よりもへこみが緩やかに。結婚・出産後も長く働き続ける女性が増えています 出典/ 男女共同参画白書 平成29年版

 「長いキャリアを歩む場合、例えば、20代・30代のときの仕事から、50代・60代は経験を生かして新しい仕事をするという『キャリアチェンジ』ができる人が、より強い。セルフブランディングがしっかりできていれば、どんな状況でも自分自身を何度も『商品化』してキャリアチェンジができるのです

20代女性こそ「自分という商品を高く売る」意識を

 とはいえ、「目の前の仕事で手いっぱい」「どうやってブランディングすればいいか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

 「20代のうちは今の仕事が将来にどう結び付くか分かりませんし、がむしゃらに働いてスキルを吸収することも大事ですね。それにプラスして、自分という商品を昨年よりも高く売ることができれば将来的な選択肢が増えると思いませんか? 20代のうちから、自分の価値を高める意識を持ちましょう

 次のページから、具体的なブランディングの方法を紹介していきます。