日経xwoman

【小説】簡単に寝る女の世界は閉じていく。

ぼやけた視界が輪郭を取り戻しはじめる。目の前にはさっきまでバーで飲んでいたはずの加賀美が立っている
閉じる