ドラマでも話題になった、ハイスペックなのにあえて結婚しない男性、名付けて「AK男子」。彼らは結婚について、どのような考えをもっているのでしょうか。後編のテーマは、結婚後の具体的な生活イメージや家族観について。普段から交流のあるAK男子4人の本音をお届けします。新しい価値観が見え隠れする座談会になりました。

前編・あえて結婚しない「AK男子」の本音、それぞれの結婚観

座談会参加者プロフィール
南さん:29歳。大手広告代理店を退職後、起業。港区高輪で初となるゲストハウス「Koru Takanawa Gateway Hostel, Cafe&Bar」を運営。
ジェレミーさん:32歳。不動産投資ファンドを退職後、独立。現在は不動産開発やコンサルティング業務を行う会社を経営。
黄さん:32歳。大手総合商社を退職後、中国では貿易会社を、日本ではヒューマンプロデュースサロンを経営。
米本さん:33歳。大手総合商社に勤務後、コンサル会社を経て、サービス系のベンチャー企業に勤務。海外の事業開発などを担当。
※以下、敬称略
左から南さん、ジェレミーさん、黄さん、米本さん
【前編で分かった4人の結婚観】
南さん:経済的にも精神的にも依存せず、お互いに刺激し合える人となら結婚したい。今は、子どもは欲しいと思っていない。
ジェレミーさん:結婚する必要性を感じていない。日本にフランスのPACS制度のようなものが導入されたら検討したい。子どもは欲しいとは言えないが、育てるなら自分の子どもでなくてもいい。
黄さん:お互いに好きで相手も結婚という形を望むなら、将来的には結婚したい。子どもも欲しい。
米本さん:お互いのタイミングが合えば、将来的には結婚したい。子どもも欲しい。

妻には働いてほしい?

――仮に結婚したとしたら、共働きを望みますか?

 絶対に共働きがいいですね。もっと言うと、会社員ではなく経営者や個人事業主であってほしい。何かに夢中になっている人に魅力を感じるし、精神的にも経済的にも依存せず、お互いに刺激し合える関係性がいいなと思っているので。

ジェレミー 相手の働き方にこだわりはないですが、自立している女性がいいですね。僕は会社の経営をしているので、もしも会社が傾いたときには、貧乏でも苦労を共にしてくれて、どんな環境下でも引っ張っていってくれるくらいの勢いがある人がいいので。

米本 僕も共働きがいいですね。家計への貢献というより、社会の中で頑張っている女性を魅力的に思います。お互いの仕事の話も理解し合えるし、尊敬もできる、かつ夫婦間のパワーバランスが崩れにくいと思うんですよね。子どもがいる場合には事情が変わってくると思いますが、「結婚できた。もう働かなくていいんだ」と思う女性には、違和感を覚えてしまいます。

もしも結婚したら、夫婦共働きがいい。そのほうが夫婦間のパワーバランスが崩れにくいと思う

 妻がストレスフリーなほうを選んでくれればいいですね。なぜなら、妻は家族というチームをマネジメントするパートナー。だから妻のストレスは僕のストレスになり、僕がストレスを感じると、仕事にも影響が出てきます。そう考えると、妻が働きたいなら働けばいいし、そうでないなら働かなくてもいい。ただ働かない場合は、自分が家族に何を提供できるのかを考えられる女性であってほしい。働くこと自体は相手に求めないけど、二人で一つの経済合理性は欲しいので。