doors世代の起業家たちは、いつ事業のアイデアを考え、どうやって起業までたどり着いたのか。何につまずき、何が転機となったのか。起業の先にどんなドアを開こうとしているのか。さまざまなフェーズに立っている注目の起業家を取材する連載「起業 NEXT doors」。今回は、病気の家族を思う気持ちが起点となって、自身の科学的知見を生かして開発した「フラワリウム」の企画・販売事業を手掛ける興津理絵さんに話を聞いた。

自信喪失どん底が起業の原動力 フラワリウム開発(上) ←今回はココ
自信喪失どん底が起業の原動力 フラワリウム開発(下)

 咲きほこる本物の花をガラスボトルに閉じ込めたフラワーアート「フラワリウム」。ガラスボトルを傾けたり、上下逆さまにしたりすると、花がゆっくりと揺れ動き、幻想的な美しさを楽しめる。花の色彩を保つボトル内の液体は、科学的な知見を生かして製造されたものだ。その開発を手掛け、「フラワリウム」を販売する事業を立ち上げたのが、Greenery,Inc.代表の興津理絵さん。

 今や、大手雑貨店や百貨店などでも人気ギフトとして定着し始めた「フラワリウム」だが、実は、「最初は販売するつもりは全くなかった」と言う。

大学医学部研究員として脳の研究をしながら、フラワーアート「フラワリウム」を生み出した興津理絵さん。デザインや梱包箱のパッケージ画も興津さんが手掛けている
大学医学部研究員として脳の研究をしながら、フラワーアート「フラワリウム」を生み出した興津理絵さん。デザインや梱包箱のパッケージ画も興津さんが手掛けている

 実は、この起業に至るまで、長年交際した男性から婚約破棄され、「彼なし・職なし・未来への希望なし」という引きこもり生活を送るなど、興津さんは数々の転機を乗り越えてきた。

興津さんは起業までのプロセスで、この5つのdoorsを開いた
興津さんは起業までのプロセスで、この5つのdoorsを開いた

闘病中の姉と家族を癒やしたのが花だった

 「私は子どもの頃から花が好きで、季節ごとにたくさんの花を育てたり、小学校の自由研究では日なたと日陰で植物の成長の違いを観察したりしました。幼いながらにも『きれい』『かわいい』だけではない、『花の持つ生命力』に感嘆していたのかもしれません」