日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 仕事、わたし、時々、恋
  4. 彼がいるのに、いつまでも「この人じゃない感」(下)
仕事、わたし、時々、恋

彼がいるのに、いつまでも「この人じゃない感」(下)

「この人じゃない感」がなぜ悩みの種になるのか

「付き合っている彼がいるけど、満足できる関係性ではない。だから、いろんな出会いを試しているのにずっと『この人じゃない感』がつきまとうんです」――今回はこんな、doors世代からのリアルな声を、恋バナ収集ユニット「桃山商事」の清田隆之代表が、真剣に丁寧に因数分解して、ロジカルに考えました。今回は(上)に続く(下)編です。

彼がいるのに、いつまでも「この人じゃない感」(上)
彼がいるのに、いつまでも「この人じゃない感」(下) ←今回はここ

「この人じゃない感」になぜ悩むのか

 「この人じゃない感」から悩みを生み出している「構造」とは何か。

 それは「他にいい男がいないから彼と別れられないし、彼がいるから別の男性探しに本腰が入らない」という出口のないループであり、そこに陥ってしまっているのが、今回のお悩みの核心ではないかと考えられます。

S子さんが陥っている出口のないループ構造
S子さんが陥っている出口のないループ構造

 彼との関係は「待機状態」で、他の恋愛に関しても「いい男の現れ待ち」です。つまりどちらも「主導権がない」という状態にあります。

 そもそも「この人じゃない感」が悩みの種になるのは、態度が受動的なときです。与えられたカードの中に望みのものがない。でもそれ以上のカードは存在しない。だから悩みになるわけです。

 では能動的な態度の場合はどうでしょう。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります