2021年4月2日、日経doorsを含む日経xwomanが生まれ変わります。どんなコンテンツやサービスが利用できるようになるの? 見どころは? 今週から毎週お伝えしていきます。

 2019年2月に創刊した『日経doors』。20~30代の働く女性のキャリア、学び、ライフに役立つ記事、新たな扉を開くための背中を押すような、たくさんのロールモデルやヒントとなる情報をお届けしてきました。読者の皆さんから「一歩踏み出すきっかけを作ってくれた」「人生の転機について考えるようになった」といった言葉に、編集部一同励まされて、毎日の企画・取材・編集にと駆け抜けてきました。

 そして創刊から2年あまりの2021年4月2日に、日経doorsを含む日経xwomanは生まれ変わります。これまで40~50代の女性向けの日経ARIA、子育て世代向けの日経DUAL、という3つの姉妹媒体はそれぞれに会員(登録会員または有料会員)になっていただいていましたが、4月からは日経doors登録会員の方はARIAやDUALの登録会員向け記事もお読みいただけるようになります。また、日経doors有料会員の方はARIAやDUALの有料会員向け記事を含めてすべての記事をお読みいただけるようになります(料金は現状のまま)

 新生・日経xwomanが始まるまであと1カ月少々、そのカウントダウン企画として、一足先にARIAやDUALの登録会員向け記事・有料会員向け記事を、doorsでご紹介します。先輩からの格言が光るARIAや育児と仕事の両立ノウハウ満載のDUALの記事など、毎週お届けしますのでどうぞお楽しみに!


from ARIA

大人の「働く・学ぶ・遊ぶ」を讃えるWebメディア

<先輩からの格言>

テレ東・大江麻理子「来た波には乗ってみる」が信条

 doors世代より先輩のARIA世代で、最前線で活躍する人から学ぶ仕事術。『モヤモヤさまぁ~ず2』で、見事なアシスタントぶりを発揮したかと思えば、ニューヨーク支局への出向を挟んで就任した『WBS』6代目メインキャスターとして、冷静沈着に経済ニュースを届けているテレビ東京の大江麻理子さん。常に活躍しつづけるための珠玉のノウハウを余すことなく紹介してくれます。「ノーは言わない」「やりたいではなく、やってみる」。大江さんの力強い言葉に背中を押されるはずです


逆転の一冊 壇蜜「今に見てろよ…」デートDV男に発奮

 人生のピンチに陥ったときに、局面をどう打開すればいいのでしょう。どん底状態に陥ったときどう自分を奮起させたか、壇密さんに聞いています。壇密さんは20代後半の3年間、肉体的・精神的な暴力を与えてくるデートDV男と付き合っていたそう。ただ、ある日、突然何かが降りてきて、その人から逃げるべく発奮したと言います。そんな壇密さんの若かりし頃の葛藤を知ることができると同時、苦境からの乗り越え方を学ぶことができます


from DUAL

働くママとパパを支えるWebメディア

共働きにこそ重要 出産前後「お金の価値観」話し合おう

 doors世代で子育て経験がないという方は、産後どれくらいお金がかかるのか不安を抱えているかもしれません。子どもを産むと大学を卒業するまでの向こう22年間の教育費など、長期にかけて出費が続くため、20年、30年先を見越したマネー計画が必要になります。ただ、それに合わせてやるべきことを事前に知っておけば安心ですよね。こちらの記事で詳しく解説してくれます。


構成・文/飯泉 梓(日経doors編集長)