1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 欲しいのは女子力じゃない 私たちの「働く」徹底討論
  4. 正能茉優×高橋怜奈×橋本真里子 「自分目線」で行こ!
  5. 3ページ目
欲しいのは女子力じゃない 私たちの「働く」徹底討論
欲しいのは女子力じゃない 私たちの「働く」徹底討論

正能茉優×高橋怜奈×橋本真里子 「自分目線」で行こ!

本当の「自分磨き」について、考えてみた

株式公開にクリニック開業、夢は大きく

――今後、達成したい目標は?

橋本 私は受付業務の経験しかない状態で起業したので、基本的には何をするのも初めてで。今でも日々学び、反省し、改善していくことの繰り返しですね。目下、経営はIPO(株式公開)が目標です。

高橋 基本は一つのことに固執すると、自分がそこにとどまってしまうので、インプットもアウトプットもどんどんして、脳みその風通しをよくしていきたいですね。10年くらいしたら、自分のクリニックも開業したいな。自分が考える医療を、自分の力で実現していけたら。

正能 私は、キャリアの次のドアを開きたいです。先日、同世代の働く女性と話していたのですが、世の中には「2つのドア」があると思っていて。1つ目は、時代の波や社会のムードにうまく乗ることで、比較的簡単に開くドア。私の場合は、ハピキラを起業した時に「地方創生」という波があったし、その後も「働き方改革」という波がありました。

 でも、10年後も同じステータスでいる・いられるって想像できないんですよ。実力以上に社会にちやほやしてもらっている感覚がある。だから、2つ目のドアを開けたいんです。2つ目のドアはきっと、「この領域のドアを開く」という強い意志を持ち、その鍵を手に入れた人だけにしか開けられない。今は関心を持っている人事や経営に関する知識をより深めていって、その鍵を手に入れたいですね。

正能茉優(しょうのうまゆ)
ハピキラFACTORY社長・大手電機メーカー社員
慶應義塾大学総合政策学部在学中に「小布施若者会議」を創設し、その後ハピキラFACTORYを設立。卒業後は博報堂を経て大手電機メーカーへ転職。正社員として勤務しながら、ハピキラの経営も並行して継続している。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教としても活動中。
高橋怜奈(たかはしれな)
産婦人科医・プロボクサー
東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。2016年6月にボクシングのプロテストに合格し、ボクサーとしても活躍中。女性医師200人以上によるユニット「女医+(じょいぷらす)」に所属し、医療情報・健康情報の啓発活動にも力を入れている。趣味はベリーダンス、ボクシング、旅行など。
橋本真里子(はしもとまりこ)
ディライテッド 代表取締役CEO
大学卒業後、上場企業5社以上で受付を経験。1日平均約500人、月間約1万人の来客を 約10年間継続して対応。延べ120万人を接客した受付のスペシャリスト。2016年1月にディライテッドを設立。翌年にiPad無人受付システム「レセプショニスト」をリリース。趣味はゴルフ、ランニングなど体を動かすことと、料理。

取材・文/青野梢 写真/清水知恵子 構成/加藤藍子(日経doors編集部)

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります