小さい頃からスマホが身近にあり、複数のSNSを使いこなす「Z世代」。インターネットを目まぐるしく駆け巡る情報やトレンドを取捨選択して、新たなクリエイティブや価値観を生み出す彼らは今、どのようなカルチャ―に魅了されているのでしょうか。Z世代向けマーケティング事業を手掛けるメンメイズ代表の前田沙穂さんに解説してもらいました。

Z世代の「新」カルチャー

Z世代向けマーケティング事業を手掛けるメンメイズ代表の前田沙穂さんに、Z世代が今、どのようなカルチャーに魅了されているのかを解説してもらう本連載。今回のテーマは「バズ消費」について。SNSでバズった商品がすぐに売れる「バズ消費」がZ世代の中で主流になっています。SNSをきっかけとする消費行動や、その背景について解説します。

YouTuberのプロデュースブランドが販売初日で6000万円を売り上げる

 影響力を持ち、一定のファンを獲得したYouTuberがブランドを立ち上げる流れが主流となっており、チャンネル登録者数約132万人の、かすさん(24)が21年3月よりプロデュースする「Boka nii(ボカニー)」は、販売初日で売り上げが6000万円を突破しています。

 また、登録者数約335万人を誇るグループYouTuber「コムドット」もブランドを立ち上げていますが、メンバー一人ひとりのファッションセンスの評価も高く、インフルエンサーのファッションを紹介するフォロワー数約4.1万人のInstagramアカウント「moment(@moment.fashion)」でも、頻繁に紹介されています。

 SNSを上手に扱うインフルエンサーは、DMなどでファンの意見や要望などを収集し、プロデュースする商品や私服に取り入れているため、センスにたけた発信が得意です。さらにファン側も、インフルエンサーがSNSに投稿している内容から「本当にいい商品なのか」を敏感に感じ取っているため、読者モデルと同様に「彼らの感性で選んだものだから、きっといい商品なのだろう」と信頼し、バズ消費を生み出しているのです。