20万円投資は「今しかない」

 かつては得意だと胸を張れるスキルもなく、「自己肯定感が低かった」という松島さん。コロナ禍をきっかけに、先の読めない時代だからこそスキルを身に付けて自立する必要性を実感したといいます。持ち前の負けず嫌いな性格も相まって、休業状態というピンチを何としてもチャンスに変えようと、女性向けのキャリアスクール「SHElikes」(シーライクス)に入会しました。

 「もともと写真が好きで、自分が撮った写真を使って何かを作ってみたいという気持ちがあったんです。この機会に、ずっと興味があったデザインを学ぼうと決意しました。会社に所属しながらも自由な時間が生まれることって、後にも先にもきっとない。費用は約20万円かかりましたが、チャンスは今しかない! と即決しました」

 コロナ禍以前に体験レッスンを受けていたものの、当時は仕事に追われて勉強に本腰を入れる余裕がなかったそう。休業で時間ができた20年4月から講義を受け始めました。同スクールは講座やイベントのほとんどがオンラインで行われるため、地方在住者の自分に合っていたと振り返ります。

 10カ月間の講座を通じてデザインを基礎から学び、ウェブサイトやバナーを作成できるまでのスキルを習得。また、受講生や講師たちが互いに交流しながら成長をたたえ合うコミュニティの中で学んだことで、マインド面の変化もあったといいます。

 「新卒で就活をしていたころは、ことあるごとに『私なんて……』と自分を過小評価する癖があったんです。似た志を持つ人と一緒に学ぶことで、確かなスキルと一緒に『私はこれができるんだ』って思える自信がついたことがすごく大きかったですね」