買ったはいいけれど、合わせるものが分からなくて結局着ていない……。着こなしがワンパターンしかなく、飽きた……。クローゼットにそんな服が眠っていませんか? 今回は日経doors読者・梅園アマンダさんのイマイチ着こなせていない手持ち服を例に、スタイリスト・瀬上裕香さんからコーディネートのヒントを教えてもらいました。マンネリコーデの打破や自分に似合う着こなしを見つけてくださいね。

今回の「イマイチな手持ち服」はコレ!

ゆったりシルエットの白シャツと黒ベースのレーススカート。どちらも大人っぽくて使えそうだけど…。

 「白シャツは黒いパンツにしか合わせられなくて着こなしがマンネリに。スカートは黒いトップスを合わせて着ていたけど、フレアにボリュームがあって私には似合わないと感じています」と梅園さん。ベーシックカラーで使いやすそうですが、ほとんど着なくなってしまったそう。

白シャツはボトムス次第でON・OFF着回せる!

→オフィスではビビットカラーのスカートでシャープに着こなそう

ビビットカラーのタイトスカートでオフィスルックの完成♪

 ゆったりサイズの白シャツは、タイトスカートと合わせればオフィスファッションにもぴったり。スカートは淡い色よりパキッとしたカラーを選ぶとシャープな印象になります。胸元の開きが気になるときは、スカーフをプラスしてみましょう。視線を首元に集めつつ、着こなしのアクセントにもなります。

 スカーフはチョーカー風に首に巻きつけるのがトレンドです。