1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 今月のdoorsメン!
  4. 山田基道 転職迷子、大失恋を経て理想の生き方をつかむ
  5. 3ページ目
今月のdoorsメン!

山田基道 転職迷子、大失恋を経て理想の生き方をつかむ

「やりたいこと」にこだわらなくても、動いていれば、自分に合う会社に巡り合える

入社1年目でMVPを獲得した山田流仕事術

―― その後セレスに転職し、入社1年目で事業部内MVPを獲得するなど、目覚ましい活躍をされていますね。

山田 友人からセレスの評判を聞いていたので、転職サイトで求人を見つけ、直感的に「ここだ!」と思いました。広告代理業やメディア運営などは初挑戦でしたが、自分から積極的に「やってみたい!」と思ったのは初めて。2018年に入社し、念願のモッピーのマーケティングを担当することになり、うれしかったですね。以来、継続して毎月の売り上げ目標を達成していたことが評価され、事業部内で年間MVPを獲得することができました。成果を出した分だけ、給与に反映される制度なので、すごくやりがいがあります。

―― 初めての業界と職種で、すぐに結果を出せたのはなぜですか? どんなことを心掛けていたのでしょうか?

山田 主に2つあります。1つ目は、マーケターとして毎日真剣にデータと向き合うことです。わずかでも売り上げが伸びている広告があったら、見逃さずに施策を打ち出して強化します。売り上げが上がっているということは、市場にニーズがあるということ。世間のトレンドや感覚で判断せず、データを根拠にして戦略を立てるようにしています。

 2つ目は、他部署とのコミュニケーションを大切にすること。特に、プロモーションを実施したいときは、広告主の企業をサポートしている営業チームとの連携が不可欠です。相手に協力してもらったら、自分も協力する。誰かが困っていたら、サポートするなど、お互いにWin-Winの関係を築くことが、信頼関係を強くすると考えています。

「営業チームのメンバーとは、プライベートでも仲良し。コミュニケーションを円滑にするには、相手の立場になって考えることが大事なのではないでしょうか」
「営業チームのメンバーとは、プライベートでも仲良し。コミュニケーションを円滑にするには、相手の立場になって考えることが大事なのではないでしょうか」
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります