1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 今月のdoorsメン!
  4. 山田基道 転職迷子、大失恋を経て理想の生き方をつかむ
  5. 4ページ目
今月のdoorsメン!

山田基道 転職迷子、大失恋を経て理想の生き方をつかむ

「やりたいこと」にこだわらなくても、動いていれば、自分に合う会社に巡り合える

パートナーと築きたいのは揺るがない信頼関係

―― もう、転職迷子になることはなさそうですね。仕事と同様、プライベートも充実しているのでしょうか?

山田 はい! 今、付き合って約8カ月になる彼女がいます。30歳までには結婚したいと考えているので、このまま順調にいけばいいなと思っています。

―― それは、すてきですね! 彼女と付き合ったきっかけと好きなところを教えてください。

山田 社会人になると、出会いのチャンスって減りますよね。数年前にマッチングアプリを利用したこともありますが、お互いに本音を隠してやりとりしている気がして、自分には合わなかったです。過去に付き合った女性もいますが、大失恋に終わったことがあって……。その後、ずっと仲間だった今の彼女と、自然な流れで交際することになりました。

 彼女は、よく笑うし、自分の感情に素直な人。喜怒哀楽がはっきりしていて裏表がありません。人として心から信頼できるので、ずっと一緒にいたいですね。

「目標は一軒家の購入。大学時代に保育士の免許を取得したほど子どもが好きなので、早く結婚して子どもを授かりたい。家族で大好きなサッカー観戦に行くのが夢」
「目標は一軒家の購入。大学時代に保育士の免許を取得したほど子どもが好きなので、早く結婚して子どもを授かりたい。家族で大好きなサッカー観戦に行くのが夢」

―― ありがとうございました。最後に、今後の目標と、キャリアに悩む日経doors読者にアドバイスをお願いします。

山田 今年、新卒入社の後輩ができたこともあって、マネジメント職への意欲が湧いてきました。自分の予算達成だけではなく、後輩を引っ張っていけるリーダーを目指したいですね。

 キャリアに関して、個人的には「石の上にも三年」なんて不要だと思います。働きがいがない環境なら、我慢するより転職をおすすめします。なかなか理想の会社に出合えなかった私も、セレスに入ってからは「仕事に行きたくない」と思うことがなくなりました。会社は入ってみないと分からないものなので、「やりたいこと」に固執するより、どんどん転職したほうが自分に合う仕事が見つかるかもしれません。

「出会いを求めている人は、パートナーのいる幸せな友人に紹介をお願いしてみては? 安心感もあるし、うまくいく可能性が高いと思います。趣味のコミュニティーで出会って、結婚した知人もいますよ」
「出会いを求めている人は、パートナーのいる幸せな友人に紹介をお願いしてみては? 安心感もあるし、うまくいく可能性が高いと思います。趣味のコミュニティーで出会って、結婚した知人もいますよ」

取材・文/高橋奈巳(日経doors編集部) 写真/吉澤咲子

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります