机回りを整理するのに役立つ文房具とは?

 まずおすすめしたいのが、ペン立ての「マルチスタンド」(カール事務器、Sサイズで実勢価格1900円程度)です。

 ペン立ては、実は盲点となる文房具です。意識してペン立てを買った経験をお持ちの方は少ないかもしれません。お店で見かけた適当なものや、人によっては余ったティーカップなどで済ませているのではないでしょうか。

仕切り板が斜めになっているので、ペンが取り出しやすい

 しかし、ペン立てを侮ってはいけません。机の上を整理するうえで極めて有効なアイテムだと思います。この「マルチスタンド」の3つの仕切り板は40度に傾けられているため、多くのペンをごく小さいスペースに収納できます。

 収納量が多いだけではありません。角度がついているおかげでペンを取り出しやすいですし、なんといっても大変美しい! 外側のアクリルは、複数のアクリル板を接着したのではなく一体成形なので、接着の跡がありません。抜群の収納力を誇るだけではなく、中のペンがよく見える美しいペン立てです。

案件単位で書類や名刺をまとめてみる

 そして、デスク回りの片付けといえば、このアイテム。ワーカーズボックス(ハイモジモジ、自分で組み立てタイプのA4サイズ10個で税込価格3999円)です。大きめの本のような箱なのですが、中にはクリアホルダーに入れたA4の書類や名刺を挟むスペースが用意されています。特定の案件に関する書類や名刺、ちょっとした小物をすべて放り込めます。「案件単位でまとめられる」というのがポイントです。分類など何も考えずに、関連するものをすべて放り込んで蓋をし、本棚に入れてしまいましょう。

 表紙には案件名や進捗具合を記すスペースがあるのですが、色やフォントなどのデザインがおしゃれなのもいいですね。

名刺や書類などを案件単位でひとまとめにすることができる