誌面ビューワーのメンテナンスのお知らせ(12/13)

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. コンプレックスを武器にする
  4. バービー 気分屋な自分に「ずっと振り回されている」
コンプレックスを武器にする

バービー 気分屋な自分に「ずっと振り回されている」

(下)「書きたくても書けない」1週間自宅にこもって発見した自分のマインドを毒さない方法

どこで拾ってきたのか。いつから住みついたのか。誰もが抱えているであろうコンプレックスは、自分を苦しめる原因にもなる半面、私たちを成長させる武器にもなります。気になるあの人は、コンプレックスとどう向き合っているのでしょうか? 今回は、テレビでの活躍はもちろん、下着のプロデュースやYouTubeの発信なども精力的に行い、4月9日には結婚も発表したバービーさんに話を聞きました。

(上)バービー 上京して初めて自分の外に苦しみが生まれた
(下)バービー 気分屋な自分に「ずっと振り回されている」 ←今回はここ

1984年北海道生まれ。東洋大学文学部インド哲学科卒業。2007年に、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成しデビュー。2019年に出演したラジオ番組で、社会問題からお笑いまで幅広い関心を深めた発言が話題に。2020年7月から、自身もTBSラジオで「週末ノオト」のパーソナリティーを務める。ピーチ・ジョンでは、自らプロデュースした下着を販売。同年11月には初のエッセー本『本音の置き場所』を出版。YouTube「バービーちゃんねる」やTwitter、Instagramでも情報発信をしている
1984年北海道生まれ。東洋大学文学部インド哲学科卒業。2007年に、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成しデビュー。2019年に出演したラジオ番組で、社会問題からお笑いまで幅広い関心を深めた発言が話題に。2020年7月から、自身もTBSラジオで「週末ノオト」のパーソナリティーを務める。ピーチ・ジョンでは、自らプロデュースした下着を販売。同年11月には初のエッセー本『本音の置き場所』を出版。YouTube「バービーちゃんねる」やTwitter、Instagramでも情報発信をしている

「書けない」ことで息が詰まりそうに

編集部(以下、――) 上編「バービー 上京して初めて自分の外に苦しみが生まれた」では、上京後に感じていたコンプレックスについて伺いました。後編では、芸人になってから感じたコンプレックスを教えていただけますでしょうか。

バービーさん(以下、バービー) 私はもともと脚本家や放送作家など、「書くことを仕事にする作家になりたい」と思い、養成所の放送作家コースを志望していたんです。でも、養成所の職員の方の薦めでお笑い芸人コースに入り、24歳くらいから芸人としてのお仕事をいただけるようになりました。

 だから芸人として仕事をする一方で、「書きたくても書けない」というコンプレックスを常に抱えていました

 そうしたこともあって、20代半ば以降は飲み歩くことが多かったのですが、30歳になる手前で、「書けない」ことに息が詰まりそうになったんです。それで、「今書かないとダメだ!」と思って、飲み仲間にも「絶対にお酒の席に誘わないで」と頼み、誰とも会わずに1週間ほど自宅にこもったことがあります。

―― その結果、何か書けたのでしょうか?

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります