「20~30代のdoors世代は、キャリアを学ぶ絶好のチャンス!」というのは、法政大学キャリアデザイン学部教授の田中研之輔さん、通称「タナケン先生」。自ら実践するプロティアンキャリアの思考習慣を熱血アドバイス。読むだけでキャリアが広がる、アクションを起こしたくなる、元気がわいてくるdoorsアカデミー、開講です! 動くタナケン先生にもご注目を!

日経doorsアカデミー 田中研之輔のプチ・プロティアンのすすめ

自分の意思と行動で、今、ここから変幻自在なキャリアを形成していくことができる「プロティアン・キャリア」。今回は連載のスピンオフ版として、プロティアン・キャリアを実践している女性にインタビューしました。事務機器メーカーで経営陣をサポートする秘書を12年務めた後、第2子の育児休業明けに人事部へ異動になった岩永美保さん(仮名、42歳)は、どのようにして変化に対応し、プロティアン・キャリアを実践しているのでしょうか?

学びを継続してスキルを蓄積するプロティアン実践者を紹介。写真はイメージ
学びを継続してスキルを蓄積するプロティアン実践者を紹介。写真はイメージ
岩永美保さん(仮名、42歳)のプロフィール
1979年生まれ、42歳。東京都在住。事務機器メーカーで約12年間経営陣の秘書を務め、39歳のときに人事部へ異動。未経験から新たな職種に挑戦し、国家資格「キャリアコンサルタント」を取得。その後も学びを継続し、社内外で価値を発揮できる人材になるためのスキルを蓄積中。

育休復帰後の異動でゼロからのスタート

 事務機器メーカーに勤務する岩永美保さん(仮名、42歳)は、8歳と4歳の子どもを育てながら働くワーキングマザー。経営陣をサポートする秘書としてのキャリアを約12年間築いていましたが、第2子の育休復帰後に人事部へ異動。現在は、時短勤務をしながら若手社員の人材育成を担当しています。

 「39歳で人事部に異動したとき、『新しいことに挑戦したい』という前向きな気持ちがある半面、仕事内容がガラリと変わることに対する不安はありました。一口に『人事』といっても、採用・人材育成・労務管理など業務内容は幅広く、人事職を極めるためにはさまざまな知識が必要です。秘書として培ってきた調整力などのビジネススキルは生かせますが、人事としての業務知識はなかったので、自分がゼロになったような気がしました